企業システムのためのパブリッククラウド入門

個数:1
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

企業システムのためのパブリッククラウド入門

  • 著者名:加藤章
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • インプレスR&D(2014/05発売)
  • 2月2度目の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~2/25)
  • ポイント 450pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「パブリッククラウドを日本企業が業務システムで使う」という視点から、Amazon Web Services、Force.com、IIJ GIO、クラウド・エヌなど国内外の主要なパブリッククラウド11サービスについて機能や特徴を紹介しています。いずれのサービスも、知名度のみならず、システム開発で利用する際の汎用度の高いサービスを売りにしているサービスです。ユーザー企業で、システム開発の企画や検討に従事されている方、特に、情報システム部門などに所属されている方にとってサービス選びの参考となる一冊です。

目次

はじめに
第1章 世界最強のクラウド Amazon Web Services
■コラム 従来の「ITベンダ」とは異なるAWS
第2章 テンプレートが豊富な老舗のPaaS Force.com
■コラム プライベートクラウドはクラウドではない
第3章 さまよえる巨人 Microsoft Windows Azure
■コラム パブリッククラウドは銀行に似ている
第4章 国産サラブレッド IIJ GIO
■コラム データセンタがアプリになり、不可能が可能になる
第5章 IBMが繰り出すSmarterCloud Enterprise
■コラム 見えれば安心? 見えないから安心?
第6章 日本発で世界制覇を目指すクラウド・エヌ
■コラム パブリッククラウドはレンタカーに似ている
第7章 システム管理者視点のニフティクラウド
■コラム クラウドは発電所に似ている
第8章 ホスティングから進化したBIGLOBEクラウドホスティング
■コラム クラウドの歴史観
第9章 リソース型クラウドを提唱する
■コラム クラウドとオンプレミスのコスト比較
第10章 国産クラウド老舗 IDCフロンティア
■コラム 安全安心なクラウド利用のために
第11章 想像力と創造力がカギ Google クラウド
あとがきと謝辞
著者紹介