大妻良馬の人と思想 - 忘私奉公の生涯

個数:1
  • Kinoppy

大妻良馬の人と思想 - 忘私奉公の生涯


ファイル: /

内容説明

本書の主人公である大妻良馬は、日本陸軍工兵少尉として日露戦争に従軍し、203高地攻防戦における戦功により金鵄勲章を受章した武人である。退役後は宮内省技官を勤める傍ら、生涯に亘って大妻学院の経営を支えた。「忘私奉公」「尽忠報国」、生きとし生きるものへの限りない「慈悲愛憐」の想い、その思想は重く深い。

目次

第一章  大妻良馬という男
第二章  大妻学校における大妻良馬
第三章  大妻良馬の恩義思想と関係的自立
第四章  恩義思想における天皇尊崇
終章 「霊界の建設」