野性のじかん

個数:1
紙書籍版価格
¥628
  • 電子書籍
  • Reader

野性のじかん

  • 著者名:カラスヤサトシ【著】
  • 価格 ¥628(本体¥571)
  • 竹書房(2014/02発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784812472996

ファイル: /

内容説明

水止舞で雨をやませてみよう!/天狗の下駄で夜歩く/六根清浄!!強制参加火渡り神事!!etc.やっちゃいました。今度は野性を求めている。カラスヤサトシ、日々精進!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

寺ですがな。

46
カラスヤサトシが古来より伝わる野性的(前近代的という意味も含まれている)な事柄にチャレンジするルポ漫画。と言ってもチャレンジする現場は自室や近所や出版社内など、いい感じでショボいのがカラスヤサトシらしい。そんなに面白そうにも思わず、著者のファンなので読んでみたら、次第に楽しくなり、最後には笑っていた。私も十代まではこんなくだらない事をやって遊んでいた。漫画の為の企画とは言え、オッサンになってもこういう遊びを楽しむカラスヤサトシが慕わしくて仕方がない。表題作の他にファミコンや黒魔術に挑む漫画等あり。お薦め。2016/03/16

yoshida

8
「このマンガは1人のおっさんが現代社会において失われた野生の感覚をとりもどしていく戦いの物語である」。カラスヤサトシの体当たり企画マンガ。「おのぼり物語」の次に好きかな。どの回も面白いが、「箱男」、「火渡り」、「バッティングセンター」が好き。特に「火渡り」で奥さんと初デートだったんだと思うと興味津々。2014/10/20

なた5963

3
野性を求めていもがら縄とか水渇丸とかをテキトーに作るんだけど、だんだんと気が向いたことをテキトーにやるようになり野性おいてけぼり。そんなわけでいつものカラスヤ節wなんか作ったり何かに挑戦したり。そんな適当感を楽しむマンガである。それ以上でもそれ以下でもないw2010/07/16

shiho

2
本家の「カラスヤサトシ」以外で一番面白かったー2012/05/23

⑨明奈(姫子の彼女)

2
本家「カラスヤサトシ」的なテイストが多かったので面白かった2011/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/608380
  • ご注意事項