開高 健 電子全集<br> 開高 健 電子全集6 純文学初期傑作集/新人作家時代 1960~1969

個数:1
  • Kinoppy
  • Reader

開高 健 電子全集
開高 健 電子全集6 純文学初期傑作集/新人作家時代 1960~1969

  • 著者名:開高健【著】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 小学館(2013/09発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

『ロビンソンの末裔』『片隅の迷路』『青い月曜日』他の意欲作を収録。

終戦直後、荒野に呻く北海道開拓団の人間模様を痛烈な風刺と巧みなユーモアで描いた問題作『ロビンソンの末裔』(1960年刊)、実際にあった冤罪事件「徳島ラジオ商殺人事件」を下敷きに、司法に翻弄されながらも懸命に抗おうとする人々を描いた長編推理小説『片隅の迷路』(1962年刊)、戦中戦後の混乱と活気あふれる大阪を舞台に、主人公の少年期、青年期を描いた自伝的長編『青い月曜日』(1969年刊)をはじめ、1960年代に発表された意欲作全18タイトルを収録。

【収録数】小説:18作 付録:開高健が自著を語るエッセイ、作品解説、『ロビンソンの末裔』表紙の写真など10点

【ご注意】※この作品はカラー写真が含まれます。