ガガガ文庫<br> ベクシル(イラスト簡略版)

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ガガガ文庫
ベクシル(イラスト簡略版)

  • ISBN:9784094510195

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

映画『ベクシル』からオリジナル小説誕生!

2060年代のLA、19歳の少女ベクシルは米国特殊部隊の訓練生。卓越した任務遂行能力と、鼻っ柱の強さで、「教官殺し」の異名を持つ。

※※この作品は廉価版です。廉価版にはイラストが入りません。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

秋庭誠

3
E+ 映画「ベクシル」の番外編という後付け。年代的には映画より前。映画は視聴済み。映画は映画で、あのCGに問題があったように感じたが…。 映画視聴中に「海外に留まった<日本人>はいたのだろうか?」と思ってたのですが、なるほど「無国籍人間」としているにはいたのですね。でも映画の最後で「日本民族は姿を消した」って言ってたような。明らかに統一が取れてませんね。映画との接点が全くと言うほど無いので、ノベライズが存在する<意味>が分からない。2013/06/04

可兒

2
映画を見たときに「今の松竹ではあんなにつまらないアニメを制作できるのか」と驚いていたので、たいていのことには驚かない姿勢で臨んだが、それが悪かったのか何も感じずに終わった。そもそもなんでアレにただの小説版ではなくわざわざ「番外編」があるんだ2015/01/14

1_k

2
私の苦手な近未来SF。原作は未見。きっと、この映画面白くないんだろうなあ、と思って検索してみたら案の定酷評されててワロタ。なぜわざわざ日本人と対立する(作中でもリアルでも)価値観しか出さず読者の感情移入を阻害するのか、無駄な特殊部隊設定とはなんだったのか、安っぽい設定展開の連続、ただただウザイだけの主人公と、疑問に思う点は尽きない。妙な鎖国設定や訓練生設定・ミステリ展開なしで、パワードスーツの特殊部隊と暴走するロボットのアクションで攻めたほうが(それでも十分安っぽいが)まだマシだったかもしれない。2011/11/25

tenma

2
全く売れなかった映画「ベクシル」の番外編。キャラクターがしっかりしていないので、映画とは別人のよう。戦闘シーンはそれなりだけれど、性格が未熟というか、しゃべり過ぎ、説明し過ぎで、どうも共感できない。2011/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/39159

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。