ルルル文庫<br> 親愛なる花盗人へ恋の罠を ご主人様なシリーズ

個数:1
紙書籍版価格 ¥586
  • Kinoppy
  • Reader

ルルル文庫
親愛なる花盗人へ恋の罠を ご主人様なシリーズ

  • ISBN:9784094522235

ファイル: /

内容説明

泣き虫姫が宮廷一のプレイボーイを籠絡!?

「私のこと、好きになって下さいっ!」ある理由から、花盗人(はなぬすびと)と呼ばれる宮廷一のプレイボーイ・アロイスを籠絡(ろうらく)することになったフリーダ姫。外見だけはアロイス好みの大人びて遊び慣れした美女に見えるものの、その中身は泣き虫で純情な少女。そんなフリーダのあまりに危なっかしい誘惑に、本気の恋をしないはずのアロイスも次第に調子を崩されて!? 蕾(つぼみ)の姫君と華麗なる花盗人の、ままならぬ恋の行方は!? 大団円の王道ラブコメディ!

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐっち

36
ハイスペックでシリーズずっと出続けているのに、今まであて馬にすらならなかったアロイスが、ついにヒーローです!しかも、前巻で出てきたフリーダに仕掛けられる方。どうなるか楽しみだった期待を上回って楽しかったです。フリーダがんばったな~。まさかの孫も!この巻が一番意外性があり好きです。他の3組も登場し、それぞれに自分が一番幸せだと思ってるってもう~!ごちそうさまでした~。2015/10/17

27
シリーズラストがアロイスというのが最高だった。一作目から見てきたキャラ勢揃いというのも嬉しかったけれど、本作は女の子が主人公というよりアロイス主人公であったことが、このシリーズのラストを飾るにふさわしい恋物語になったと思う。エリクとカヤも好きだったけれど、アロイスがいちばん好きになった。物語の筋書きも今作がいちばん面白かった。アルセーヌ・ルパンのようだねアロイスは。思わず吹き出してしまう展開も多かったけれど、個人的に自分の気持ちを自覚していくのアロイスの心境には共感した。2014/11/05

りん

19
★★★★★声を大にして言いたい。これを読みたかったのおおおお!シリーズ全員集合の大円満。フリーダ姫は可愛すぎるし、アロイスも魅力的だし、プレイボーイがやっと見つけた本気の恋とはまた素敵です。やりとりも可愛いし、すれ違いにはハラハラ。読んでるこっちがドキドキしました(笑)これまでの主人公たちもいい仕事してくれましたが、ニコラお姉様が最強です。シリーズ完結おめでとうございます!2015/01/09

でんか

13
これはすきなほう。シリーズもの4作目で一番最後の巻ですが、それぞれ主役が異なるのでこれだけでも読めます。これまでの3作でちょいちょいオイシイとこ持って行ったアロイスが主人公。キラキラしい王子様的キャラ設定の彼と、いささか脳筋気味なフリーダがとても良いカップル。世話焼きオカンよろしく面倒を見ているうちに気がついたら好きになってしまっちゃってるという王道展開。いいですな、こういう鉄板なやつ。そして、これまでのシリーズの登場人物がオールスターキャストな感じでその後の幸せっぷりを垣間見せてくれたところも嬉しい。2018/03/02

さら

12
初心なフリーダさんに心かき乱されるアイロスににやにやがとまりませんでした。今までの主人公がみんな出てきて楽しめましたし、これから交流していくのかと思うと微笑ましいです。2013/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5097672

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。