角川文庫<br> エンプティスター

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
エンプティスター

  • 著者名:大崎善生【著者】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • KADOKAWA(2015/01発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041024768

ファイル: /

内容説明

恋人の七海と別れ、山崎隆二は途方に暮れていた。成人雑誌の編集部も辞め、校正者として無為に過ごす毎日。そんななか、七海の友人で行方不明になっていた風俗嬢の可奈を見たという噂を聞き、山崎は鶯谷へ向かう。彼女には会えなかったが、やがて「助けに来て」とすがりつく電話がかかってきた。山崎は囚われの身となっている可奈を救うため、海を渡った……。透明感あふれる文体で感情の揺れを繊細に綴った、至高の恋愛小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

びす男

52
伏線がたくさん残ってる。続きあるのかな。ずいぶん評判が悪いが、個人的にはまぁまぁ楽しめた。人は死にすぎだけど。2016/10/08

ワニニ

46
無力感でいっぱいの元編集者の男?主人公もストーリーも懐かしいような…と思ったら、前二作既読の三部作だった。しかし、彼は相変わらず。そんな男が素敵と思った前作までと、今作の違いは何なんだろう?退廃的な雰囲気の中、やたらとサスペンスやアクションや死が盛り込まれる(しかも投げ遣りな放り方)。いつまでも足踏みしているような男が、唐突に頭を突っ込んで都合よく進めても、違和感が残る。男の夢的な青臭さと繊細で美しい文、大崎作品の空気観は好きなのだが、どうも丁寧さに欠ける今作。空虚な救いがたい現実からの再生と言えるのか?2015/04/02

ウィズ

15
パイロットフィッシュもアジアンタムブルーも大好きな作品だけに今回は激しく失望しました。前2作品が好きな人は絶対に読まないでください。2015/02/09

Aiichiro Nakajima

7
舞台は、韓国。このシリーズは沼😂2021/12/08

Satoshi

5
◎ パイロットフィッシュからのシリーズ。冷たく澄んだ川のような文章にとても安らぎを感じる。感情をあまり出さない主人公の内面を行動や回想で表している。恋愛ものかと思ったらサスペンスのよう。シリーズ最初から出てくるカナを助けにいく。人がたくさん死ぬ。社会の底に落ちてしまい、それでも生き抜く人たち。主人公は最後は救われたのだろうか。2018/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9147374

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。