ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

  • ISBN:9784822250706

ファイル: /

内容説明

スティーブ・ジョブズが絶対的な信頼を寄せたカリスマデザイナー、ジョナサン・アイブ。

そのアイブのイギリスでの生い立ち、学生時代、アップル入社後のiMac、iPhone、iPad、MacBook Airなど数々の革新的な製品づくりでの試行錯誤、社内での争いまで――。初めて、ジョナサン・アイブの生き方、大胆にリスクを取る思考、デザインへのひたむきな姿勢、ものづくり哲学が明かされる!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Willie the Wildcat

40
五感。デザインの持つ力を、”感覚”に訴える。デザイン画や試作品の写真も興味深いが、それ以上に社内で切磋琢磨した、どちらかというと泥臭い経験談が印象的。センスはもちろんだが、一途さや信念が共感を生み、加えてチームが一丸となることができる人望があってのことが根底。但し、AppleのUp/Downを考えると、その類まれなる能力を活かす土壌を提供できる器のトップも重要となる。それにしても、iPhone発表までの3ヶ月の”ラストスパート”は、凄まじかったんだろうなぁ。英知の凝縮!どこか羨ましい・・・。2015/03/05

赤星琢哉

22
飽くなき探究心。これに尽きる。様々な製品の裏話が載っていてそれはそれで面白いけど、ポイントはそこまでやる探究心や姿勢。あとやはり父親の影響というのはとても重要だな〜。2015/01/29

Uzundk

18
スティーブ・ジョブズはAppleの理念を貫く者でその理念を形にするのがジョナサン・アイブというデザイナーであった。iPodより前にMP3プレイヤーはあったし、iPhoneの前に携帯電話だって着実に進歩していた。Appleの何がすごいかというと、それらの製品が現実にどのような意味を持つのかを再定義した事にある。ただの電子部品ではなくストーリーを持ち、手に触れて馴染むことを考えて、その理念を表すように作られている。Apple製品は心地よいのはそれらを突きつめてデザインする人がいたからなのですね。2016/07/18

マエダ

18
アップルの製品デザインを支えてきたジョナサンアイブ。 電化製品は性能がいいだけのものでなくそこにデザインという価値を提供した 現にMACブックやiphoneなどはデザインの面においてユーザーの気持ちを高揚させる。 アップルには各分野の天才が本当に多い。2015/10/27

takam

16
Appleはコンピュータのメーカーだと思っていたが、デザインの会社なんだと思う。90年代後半からAppleの洗練されたデザイン、iPodの他音楽プレイヤーと一線を画すインタフェースなど美的眼を感じる製品が多かった。デザインやアートといった人間の感性に訴える製品が出てきたことがAppleの凄いところであり、それを支える技術力の高さがAppleを強力にしたのだと思う。日本の会社は未だにソフトウェアが大事だといって、その強化をしようとしているうちにAppleは一周したような感じを受ける。2020/08/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9025210

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。