山と溪谷社<br> ドキュメント御嶽山大噴火

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

山と溪谷社
ドキュメント御嶽山大噴火

  • 著者名:山と溪谷社
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • 山と溪谷社(2014/11発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

2014年9月27日午前11時52分、御嶽山が、突然、水蒸気爆発。
9月最後の土曜日、素晴らしい好天と絶好の紅葉のシーズン、そして昼どきの最もゆったりした時間帯、
多くの登山者でにぎわっていた御嶽山が、突然、大噴火、多数の死傷者が出るという大惨事となってしまった。
今回の噴火とはなんだったのか―。

生還した登山者たちの証言を中心に、
救助現場からの報告と研究者による分析を交え緊急出版!

第1章「ドキュメント御嶽山の10日間」
9月27日から10月6日までを時系列にて詳細記述。

第2章「七つの証言」
実際に被災した遭難者たちの話、特に生死を分けたその瞬間を掘り下げた内容。

第3章「科学的考察」
信州大学山岳科学研究所の専門家たち、火山学、防災危機感理学、気象学の分野から分析(降灰、雪崩、土石流等)。

第4章「救助現場からの報告」
自衛隊、岐阜県警山岳警備隊、静岡消防局、災害派遣医療チーム、山小屋オーナー、
そして「サバイバーズ・ギルト」(生存者の重荷感)の対処法を災害心理学の立場からも解説。

【本書を読みながら、そのまま参照できる地図が付いています】

この地図に加え、巻頭には災害現場の口絵(8ページ)もあり、多角的な構成となっています。

目次

P7 …… |第一章|ドキュメント 御嶽山の十日間

P61 …… |第二章|七つの証言
P62 …… 「最初は積乱雲かなと思いました」朝日克彦
P73 …… 「生きて帰ることを強烈に考えていました」小川さゆり
P83 …… 「少しでも噴火から遠ざかろうと思いました」垣外富士男
P94 …… 「気づいたら、噴煙が上がっていました」加藤浩平
P105 …… 「二回目の爆発は耐えがたいほどでした」鎌田隆雄
P116 …… 「私たちは噴火の音を聞いていないんです」鈴木康夫
P126 …… 「ああいう漆黒の闇を経験したのははじめてです」津野祐次

P137 …… |第三章|科学的考察・信州大学研究室からの知見
P138 …… 御嶽山と水蒸気爆発 三宅康幸
P160 …… 防災学から御嶽山を考える 平松晋也
P177 …… 噴火時の気象と降灰、そして降雪 鈴木啓助

P191 …… |第四章|救助現場からの報告
P192 …… 緊急を要した行方不明者の捜索 田中浩二(陸上自衛隊)
P200 …… 御嶽山の一番長い日 平田純(岐阜県警察)
P208 …… 困難を極めた捜索活動 繁田陽司(静岡消防局)
P216 …… 災害派遣医療チームの苦悩 上条剛志、金子秀夫(相澤病院)
P224 …… 登山者を守った山小屋の役割 小林洋夫(二の池新館)。

サバイバーズ・ギルドからの超克 広瀬弘忠(災害リスク心理学)