富士見L文庫<br> ご恩、お売りします。 恩屋のつれづれ商売日誌

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
ご恩、お売りします。 恩屋のつれづれ商売日誌

  • ISBN:9784040703985

ファイル: /

内容説明

どんな願いも叶えてくれるという都市伝説「恩屋」。「じつは幽霊」「ヤクザからも恐れられている」など、真偽不明の噂は絶えない。その店主・恩屋幸太郎を訪ね、今日も事務所に困った事情を抱えた人が訪れる――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ううち

25
表紙の和服男子に一目惚れ。なんとも不思議で切ない体質?の主人公。事件はハード目ですが、全てのお話が絶妙に絡み合っていて読みやすく面白かったです。最後のお話はもしやと思って期待してしまいました。これがデビュー作とはすごいですね。続きも読みたいです。2015/03/13

にに

24
「面白そうだけど、薄っぺらい結末かな」とか思いつつ購入したあの時の自分を叱り飛ばしたい。それぐらい面白かった。伏線もたくさんあってワクワクしたし、恩屋さんの「体質」の設定も良かった。最終話なんて泣いてしまったし、本当に恩屋さん良い人。ぜひ二巻の発売を希望!_________「恩屋幸太郎を、今後ともご贔屓に」2015/11/19

はな

24
図書館本。周りの人が1週間たつと、自分とかかわっていた記憶を無くしてしまうというのはどんなに喪失感が大きいのだろうかと感じる。どうしてそんなことになってしまったのか、過去のストーリーとか家族の話も知れたらいいなぁって思う。続編が出れば読みたい。2015/01/21

ぷに

22
フォロワーさんの感想と表紙を見て購入。1週間しか人の記憶にとどまることが出来ない恩屋さん、切なすぎる… 人に忘れられてしまうと覚悟しながら人と関わる勇気はどれほどのものなのだろうと、自分に置き換えても想像しがたいくらいつらいものだと思う。それでも人と関わる恩屋さんは人が好きなんだなぁって思いました。最後の『恩屋の流儀』にはうるっとさせられました。2015/04/11

サラ

17
和装のイケメンにつられて。新人さんとは思えない、素晴らしい作品だった!オムニバス式の4つの物語が絶妙に絡み合っていて、読みながら「もしかして...」と推理するのが楽しい。主人公の恩屋さんの丁寧な物腰と、それとは裏腹の無双っぷりがたまらなくかっこいい!けれど彼が抱える問題は非常に深刻で、どの章も読み終わると切なくなった。常人なら気が狂いかねない。最後の翔子ちゃんの涙に、私まで少しだけ救われた。ぜひシリーズ化して、たくさんの人に読んでほしい作品。埋れているのが本当に惜しい。個人的に今年一番の傑作だと思う。2014/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8962957

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。