講談社文庫<br> 妖怪極楽

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
妖怪極楽

  • 著者名:嬉野君【著】
  • 価格 ¥814(本体¥740)
  • 講談社(2014/11発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062778442

ファイル: /

内容説明

日本語教師の職が東京にあると聞き、田舎を飛び出してきた女子大生・花。歌舞伎町の外人ホスト・ジンジャーに催眠術をかけられ、朽ち果てそうな古いビルに連れ込まれる。そこは魑魅魍魎の魔窟「歌舞伎砦」、ジンジャーの本性は猫の妖怪だった。花は法外な高時給に誘われ、妖怪たちの日本語教師となる。いつから、なぜ、こんな場所が存在するのか? 花はついに驚くべき砦の秘密を知る。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Bugsy Malone

62
タイトルのイメージとはだいぶ違ってはいたものの、離島から歌舞伎町へやって来た花ちゃんの妖怪達に囲まれながらの冒険は、謎あり活劇ありのとても楽しいものでした。出てくるキャラも敵であろうが味方であろうが何故か皆愛おしくなってしまう。嬉野さんは初めてだったのですが、『金星特急』も読んでみたくなりました。2018/03/05

蝶よ花You

45
以前、読友さんにオススメされ読んだ「金星特急」。同じ作者さんという事で買ってはいたものの、忙しさにかまけて今まで放置していた自分が憎い!金星の時もでしたが、この風呂敷の広さはなんだ!世界観がとても広く、展開も二転三転とするのに、ちゃんと隅々まで設定が作り込まれており穴がない。風呂敷はどこまでも広がるのに緻密に折り畳まれて、一冊という少ない頁数にきっちり収まる。でも、駆け足感は一切ない。ものの数時間で一気にのめり込んで読了しました。こんなに余計な事を考えず、面白さで読み進められる作品も久しぶりです。良作!2015/07/20

佳音

32
うーん。最後まで読み切ったものの。わかつきさんの表紙絵やイラストに惹かれての購入だが・・・・(-_-) ジバニャンや妖怪アパートのるり子さんのほうが好きかも。2014/11/03

25
面白かったー!!!最近時代モノで妖怪モノが多いから、そういうお話なのかなあと思っていたら、歌舞伎町でまさかのチュパカブラwwww 堪能しました。身体で魚を飼う水棲・水天竺の姿に金星特急のユースタスを思い出して、元気かなあ…となってみたり。人も妖怪も生まれて死んで、くるくるまわって、とてもとても楽しかったです。続編もあるといいなあ。花ちゃんの未来に幸あれ!!あ、後、できれば後書き欲しかったです。嬉野さんの後書き大好き。2014/10/16

ネムコ

21
初めは主人公に感情移入できずに、なかなか読み進められませんでした。とにかく「東京へ行く!」という目的に向かって、自分の立場や他人の弱みなど活用し尽くすあたりが「えげつなか~」と思ったのですが、実際東京は歌舞伎町に着いてから彼女を襲った運命は、それくらい能動的でアクティブでなくちゃ切り抜けられないものでした。引き合わされた日本語教室の面々の、皮が剥がれた(文字通り)あたりから面白くなりました。最後は、さすがに花ちゃんに同情したよ。ガンバ、花ちゃん!2015/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8289902

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。