山と溪谷社<br> 地図読みはじめの一歩

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,080
  • Kinoppy

山と溪谷社
地図読みはじめの一歩

  • 著者名:平塚晶人
  • 価格 ¥864(本体¥800)
  • 山と溪谷社(2014/09発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

登山初心者がもっとも必要性を感じながらも、なかなか身につけられないのが読図技術。
登山者のための地形図の読み方を伝授する平塚晶人さんが、知識ゼロから理解できる地図読み方法を解説します。
登山者の現状を踏まえて、登山地図の代名詞「山と高原地図」(昭文社)の使いこなしと、国土地理院の2万5000分の1地形図の活用術、コンパスの使い方の基本をわかりやすく解説します。

目次

P.11 1 地図読みの世界へようこそ
P.12………地図を読む目的
P.14………地図を読む楽しみ
P.16………コラム GPS・高度計の利用

P.17 2 登山地図の活用
P.18………地図を山行計画に役立てる
P.20………『山と高原地図』を読む
P.22………『山と高原地図』の基本情報1
P.24………『山と高原地図』の基本情報2
P.26………『山と高原地図』の基本情報3
P.28………概念図の作成
P.30………コラム コースタイムについて

P.31 3 計画段階で登山地図を読む
P.32………計画段階の思考回路
P.34………山の基本地形を知る1 沢
P.36………山の基本地形を知る2 尾根
P.38………山の基本地形を知る3 ピーク・コル
P.40………尾根と稜線
P.42………地名から読み取る地形
P.44………山の構造
P.46………傾斜の緩急と標高差
P.48………地図を3次元に見る
P.50………道の意図を読む
P.52………山行計画の立案 1
P.54………山行計画の立案 2
P.56………コラム 登山地図の楽しみ方

P.57 4 山行中に登山地図を読む
P.58………地図を正しい向きに持つ
P.60………入山口までの地図読み
P.62………地図を読むとは先を読むこと
P.64………登山地図で行なう先読み 1
P.66………登山地図で行なう先読み 2
P.68………先読みの工夫
P.70………コラム 地図を持つ向き

P.71 5 地形図の利用
P.72………2.5万図の世界
P.74………2.5万図の利用
P.76………等高線の表現1 ピーク・コル
P.78………等高線の表現2 尾根
P.80………等高線の表現3 沢
P.82………等高線の表現4 尾根と沢の分岐
P.84………等高線の表現5 尾根と稜線
P.86………地形図でルートを把握する
P.88………地形図で行なう先読み ①
P.90………地形図で行なう先読み ②
P.92………読図力アップのために ①
山の地形のルールを体感する
P.94………読図力アップのために ②
山の地形に対する感覚を磨く
P.96………読図力アップのために ③
地図読みトレーニングを行なう
P.98………コラム 隠れた小ピークに要注意

P.99 6 道迷い回避のために
P.100………迷いやすい場所を先読みする
P.102………沢沿いの道で気をつけること
P.104………尾根道で気をつけること
P.106………ピークで気をつけること
P.108………巻き道で気をつけること
P.110………登山道のたどり方①
P.112………登山道のたどり方②
P.114………完全机上登山シミュレーション
P.116………コラム 山で多く地図を見るために

P.117 7 コンパスの使い方
P.118………コンパスのできること
P.120………コンパス確認の準備
P.122………コンパス確認の手順1
P.124………コンパス確認の手順2
P.126………コンパス操作の応用