集英社文庫<br> 真夏の異邦人 超常現象研究会のフィールドワーク

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
真夏の異邦人 超常現象研究会のフィールドワーク

  • 著者名:喜多喜久【著】
  • 価格 ¥616(本体¥560)
  • 集英社(2015/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087452334

ファイル: /

内容説明

ひと目見た瞬間、強烈な電流が背中を駆け抜けた。僕は、奇妙な飛行物体から突如現れた少女に恋をしていた――。夏休み。大学の〈超常現象研究会〉に所属する星原俊平は、動物の不審死の噂を聞き、先輩3人と故郷の村を訪れた。ところが、調査開始早々に人間の手首が発見されて……。やがて、俊平は少女の“正体”と、村で起きた事件の真相に辿り着く。儚いひと夏の出来事を綴るSF青春ミステリー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ダイ@2019.11.2~一時休止

104
SF青春もの。キャラが濃いです。この後ユーナと巡り会えたのならいいな。2017/08/24

へくとぱすかる

104
キュリー・シリーズよりおもしろい! 天川を鳥坂センパイのイメージで読んだので、そのエキセントリックさに笑った笑った。ユーナの出現は『暁はただ銀色』(光瀬龍)のように神秘的ですね。しかし全体を読み終わってみると、本格ミステリ仕立てで、むしろ長編であるために、キュリー・シリーズ以上によく出来たミステリという印象でした。もちろんSFとしての味付けはしてありますが。星原はこのあと、どうするのだろうと考えると、シリーズ化して、続編を書いてほしいなぁ、と思いました。そしてさすがの化学知識。よかったです。2015/01/30

優希

93
ライトなSFミステリーでした。オカルト研究会に所属する俊平がフィールドワーク先の村で不思議な少女と出会うボーイ・ミッツ・ガールが下敷きにあるので、物語にスッと入っていくことができました。宇宙人のような少女・ユーナを目の前にして宇宙人を信じないのに違和感を感じますが、小難しいSF要素が絡んで来なかったのは読みやすかったです。ミステリーの要素は少なめな気がしました。もう少しドキドキする作品ならもっと良かったと思います。気楽に読めるので、隙間時間に読むのにもいいかもしれません。2015/08/30

kishikan

92
喜多さんもこれで8冊目。いつものように化学ミステリを期待して読み始めたら、なんとSFじゃありませんか。超常現象というか宇宙人もの、喜多さんもジャンルが広い。と思いきや、読み進めるとだんだんミステリ色が濃くなって、それに少しラブコメディ要素も、あとは化学とおもってたら、やっぱり元素記号の話や化学分析、やっぱりね。宇宙人が何故地球にというのはありふれた話。でも事件の謎解き部分は、なかなか面白かった。でも、これもどこかで使われていた話のような。宇宙人ユーナの可愛らしさや、超常現象研究会のメンバのキャラが良いね。2015/03/26

りゅう☆

91
大学の超常現象研究会の合宿調査に参加した俊平は「棺」から現れた少女に恋をした。摩訶不思議な彼女は宇宙人なのか?そして村で起こる奇妙な出来事。猫は喉を切られ、牛は背中の肉を切り取られ、男性の切り落とされた手首が見つかった。宇宙人犯人説、キャトルミューティレーションと関連があるのか?そして腕も見つかり…。こんな事件が狭い村で起こったら怖いよね。そこにSFが絡む。現実味帯びてないところもあるし、私は宇宙人って信じてないけど、この超現研の合宿に参加してみたい。SFとひと夏の淡い恋と本格的ミステリーと楽しめました。2021/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8242583

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。