エッセンシャル版 ミンツバーグ マネジャー論

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

エッセンシャル版 ミンツバーグ マネジャー論

  • 著者名:ヘンリー・ミンツバーグ【著】/池村千秋【訳】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 日経BP(2014/09発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 600pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822250454

ファイル: /

内容説明

悩めるマネジャーたち〔社長・部長・課長・現場責任者〕に捧げる福音の書!

「リーダーシップは要らない。」
現場を知りつくした現代経営学の巨匠が「管理職」に求められる姿勢・行動・思考を説く――実践的マネジメント論の真髄をこの1冊に凝縮。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

たー

13
日々マネジメントを実践している人が読めば「だよね〜」と頷ける内容。でも結論はマネジメントは実践でしか学べないということである意味救いがない。2017/02/08

牧神の午後

10
現実そんな単純化できるわけがない、と世のエライ先生方が体系立てたマネジメント論をめった切りにして、複雑なものは複雑に、いかに現実に適合した形で体系立てられるかと地に足つけてある意味地べたをはい回ったマネジメント論。人間活動・社会が矛盾のせめぎ合いで営まれる以上、それを「マネジメント」するならば、それ以上の矛盾を統合することを覚悟しなきゃ鳴らない。統制された無秩序、秩序付けラれた混沌とダンスできなければ勤まらない。勿論、完璧な人間なんてあり得ない。だからそこは精いっぱいでしかないんだけど。2017/02/06

ぽん教授(非実在系)

2
ドラッカーのマネジメント哲学は正論ではあるが難解であった。ミンツバーグはこれを実体調査することで生の姿を浮き彫りにした。ドラッカーが出身地のドイツ語圏でのウェーバーやデュルケム的であるならばミンツバーグはいかにもなアメリカのシカゴ学派社会学的であるという感じか。結局マネジャーは様々なジレンマとバランス問題を状況に応じて適切に対処せよ、万能の理論はないという厳しい現実を投げてくる。「それにもかかわらず!」マネジメントは組織のためには不可欠なのだから致し方がないのである……。2015/11/18

たろっくす

1
今まで読んだマネジャー論の書籍の中で一番実績的であり、マネジャーが実際に苦悩している要素が盛り込まれていた。マネジメントを担う人材にとって自信は必要だが常に謙虚さを持ち進化し続けていく事。マネジャーは組織をマネジメントする事が役割であるがその組織は個人によって成り立っている事を理解する必要がある事。つまり、環境によってより良いマネジメントは変わる、という理解をした。これは自分の体験からも言える事だ。ドラッガーなどのあるべき姿を学ぶことも必要だが本書で語られている現場の苦悩から導き出される理論も重要だ。2021/02/16

足々タリ

1
長年にわたり、実務に携わるマネジャーについて研究を重ねてきたミンツバーグが自身の研究をかなりわかりやすくまとめている。マネジメントについては様々な経営の本で、その理想像や定義が語られているが、この本では現実にマネジャーがどんな振る舞いをして組織をまとめているのかを実務レベルで解説している。ミンツバーグが主張する「環境によってより良いマネジメントは変わる」といった内容は一貫している。またトップマネジメントについてはあまり触れられていないので注意。2014/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8292965

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。