角川ソフィア文庫<br> 呪いと日本人

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川ソフィア文庫
呪いと日本人

  • 著者名:小松和彦
  • 価格 ¥627(本体¥570)
  • KADOKAWA(2014/08発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784044083212

ファイル: /

内容説明

日本の文化史において「呪い」とは何だったのか。それは現代に生きる私たちの心性にいかに継承され、どのように投影されているのか――。呪いを生み出す人間の「心性」に迫る、もう一つの日本精神史。

目次

1章 蘇る「呪い」の世界(「呪い」をめぐる思索のはじまり 医者でもなおせない病気 ほか)
2章 なぜ、人は「呪い」を恐れるのか(「おまえを呪ってやる!」 「呪い」が支配する世界 ほか)
3章 どのように呪うのか(言霊信仰―言葉を発すれば、それが「呪い」となる 「とこう」―記紀神話のなかの呪い ほか)
4章 「呪い」を祓う方法(「水戸黄門」のラスト・シーン 「呪い」が「ケガレ」を発生させる ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちゃも

25
良き。タイトルに若干尻込みするが、『呪い』とは何か、どういう風に用いられてきたのか、そもそも定義は?といった幅広い事柄について分かりやすくまとめている。それほど専門的な内容でもないし(この手のジャンルに専門があるのかどうかは微妙なところだけれど)読みやすいと思う。おすすめ。ただ、最後の方は『呪い』よりも『ケガレ』についての記述が多かった(根本的には同じ?)ため、呪い一辺倒というわけでもない。昔の支配者はケガレを祓うことが出来なければならなかった。その視点で歴史見るとまた新しい発見があるのかもしれない。2018/12/21

テツ

20
本来何の意味もないモノ&コトに対象者がネガティブに感じる意味付けをすることが呪い(ポジティブな意味付けは祝い) である。つまり呪いというものは人間がいない世界には存在しない。少なくとも人間がいて、「わたし」と「あなた」という関係性がなければ発生しない。ああ。確かに文化的な行為であり、人間由来の行為だなあ。自分自身の中に渦巻くどうしようもない蟠りを消化するために、人を呪うということが必要な場合だってあるのかもな。自然に意味を見出す(まあそんなものないんだが)ということを最初にした人間は凄い。2019/08/19

荒草ミエル

20
まとまりが良く読み易い。呪いに関する歴史、手法等、参考文献からの抜粋が絶妙。個人的には、いざなぎ流にはじまる四国地方の呪詛の歴史をもう少し深く読み込みたい。呪いは今もフィクションではないという事実が不思議でならない。2014/11/07

稲花

19
何年か前に高知県に伝わる「いざなぎ流」と言う呪詛信仰が今も残る地域があると知った。 呪いと聞くと何だか嫌な響きだが、古代から伝わる呪詛信仰は善悪含めて人々の精神的な拠り処のようなものになっていたんだと思う。でも現代人はそのような目に見えないものを信じなくなっている。呪詛と言われるものの考え方や、やり方も時代と共に変化していく事など分かり易く読みやすかった。いざなぎ流も今後どの様に人との関係を作っていくのだろう。小松さんの研究をこれからも追いかけてみたいです。高知県にも今度ゆっくりと訪ねてみたいです。2019/02/12

tama

9
他市図書館からのお取寄せ この人の二冊目。もういい。お代わりしません。語調がまるでホラー番組のナレーションみたい。淡々と論を進めて欲しいのだが、言葉多く品少なし。「へぇ」は一つあった。明治三年に政府が出した刑法に「呪詛して人を殺さんと欲するものは」っていうのが記載されてたということ。2015/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8138141

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。