最後の勝機(チャンス) - 救国政権の下で、日本国民は何を考え、どう戦うべきか

個数:1
紙書籍版価格
¥1,650
  • 電子書籍
  • Reader

最後の勝機(チャンス) - 救国政権の下で、日本国民は何を考え、どう戦うべきか

  • 著者名:小川榮太郎
  • 価格 ¥1,400(本体¥1,273)
  • PHP研究所(2014/10発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569812786

ファイル: /

内容説明

私は『約束の日 安倍晋三試論』『国家の命運――安倍政権 奇跡のドキュメント』という二冊の安倍晋三氏関連の本を書いているが、本書はそれらの政治ドキュメントとは性質を異にする。私は、本書で、日本人としての精神の構え、言い換えれば、日本を保守するとはどういうことなのかを問い続けた。私の立場は一貫している。政治的には、今ここが日本にとってのギリギリの危機であり、戦場である事。そして、この戦いの総帥として安倍首相ほど相応しい人物はおらず、安倍氏が首相である間に――「最後の勝機(チャンス)」を逸しない内に――、日本を建て直し、守る為の成果を、「一兵卒」として、可能な限り具体的に出さねばならないという事。一方、思想的には、状況に迎合せず、日本とは何か、日本の内政外交の針路をどう定めるかを、あくまで原理的に考え続けるべきだという事だ。