クレームに学ぶ建て主の本音 ささいなすれ違いが生んだ50の悲劇

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,420
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

クレームに学ぶ建て主の本音 ささいなすれ違いが生んだ50の悲劇

  • 著者名:日経ホームビルダー【編】
  • 価格 ¥2,420(本体¥2,200)
  • 日経BP(2014/09発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 660pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822260897

ファイル: /

内容説明

住宅建設の実務情報誌「日経ホームビルダー」の人気連載を書籍化!
“クレーム産業”とまで言われる住宅業界における
建て主からのクレーム50例を紹介、原因と対策を解説します。

こんな手すりは頼んでない!
住宅設計のミスだ!
レンジフードの色が違う!...

残念なことに、工務店と建て主の間の些細な行き違いが
大きなクレームに発展してしまう悲劇は後を絶ちません。

が、実は、そうしたクレームのほとんどは、
建て主側と住宅を建築・建設する側との間の
ほんのささいなすれ違いから生じたものでした。

設計や施工はどのように進めておけば良かったのか、
最初のクレームにどのように対処しておけば良かったのか―――。


本書は、残念ながらトラブルに発展してしまった悲劇の例を紹介して、
それぞれのケースで、何が問題だったのか、
いつ、どのように対処しておけば良かったのか、など、
建て主の態度や言葉の裏に隠された“ホンネがわかる本です。

本書で紹介する50のクレーム事例を読めば、
住宅建築をめぐるクレームの本質が見えてきます。
建て主から「やり直せ!」の致命的なひと言を告げられる前に、
住宅建築の現場をあずかる工務店・設計者が読んでおきたい一冊です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Masahiko Nogami

0
建築系です。 面白かった。日経ホームビルターの人気コラム的なものを本にしたもの 日経ビルダーだから本職と。 絵もいいし、読みやすい。 アンケートのグラフや円グラフ等あり参考になる。 中にはクレームなのか?と思うのもありその対応の仕方は 参考になる。2019/12/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8067712

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。