角川文庫<br> いのちの食べかた

個数:1
紙書籍版価格 ¥572
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
いのちの食べかた

  • 著者名:森達也
  • 価格 ¥484(本体¥440)
  • KADOKAWA(2014/06発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041013328

ファイル: /

内容説明

お肉が僕らのご飯になるまでを詳細レポート。おいしいものを食べられるのは、数え切れない「誰か」がいるから。だから僕らの生活は続いている。“知って自ら考える”ことの大切さを伝えるノンフィクション。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナイスネイチャ

158
小学生の息子に読んで欲しくて事前に読みました。食肉の話というより命の大切さを書いていました。過去の戦争、部落差別など子供たちだけでなく、沢山の人に読んでもらいたい作品。2015/03/08

ゆみきーにゃ

75
《購入》森さんの言ってる通り、まずは知ることが本当に大切だと思う。動物にも植物にもいのちがある。そんな当たり前のことを深く考えさせられた一冊。読んで良かった。2018/07/20

hatayan

54
オウム真理教のドキュメント『A』などを著してきた著者が小中学生向けに生命倫理を解説。私たちは自分のいのちを大切にせよと教わる一方、他の「いのち」を犠牲にしながら、おいしいものを食べ、快適で便利な生活をする相矛盾を抱えて生きている。感覚を麻痺させることを否定はしない。しかし、いつの間にか無意識に目をそらしていることを見つめ、いのちの背後にいる人たちを想像する努力を重ねれば、いろいろなものが見えてくるのではないか。話題は部落差別にも及び、差別することで優越感を味わう人間の残酷な本性に目を向けるべきと説きます。2020/06/25

masa

38
久々に読了後、物思いにふける本と出会った!『牛や豚や鶏は生きている。そして僕たちに殺される。』私達が普段美味しく頂いているのは、実は『命』なのだと改めて思った。スーパーでパック詰めされたものに『殺された命』を実感することはない。その命が無ければ我々は生きていけないのに、意識は『死』から遠いところにある。人間は身勝手で矛盾した生き物と分かった上で、それでも生きていくしかない。その自己矛盾に気付くことが大切だと著者は説く。わかりやすい文章なので小学校高学年向けの食育本としてもお奨めできる良書。151912015/11/29

テツ

28
生命を奪いそれを食うことで僕たちは明日に自分を繋ぐ。しかし食べるために生物を食肉にする行いはケガレているとしてその作業に従事する方々にケガレを丸ごと押しつけ差別していた歴史がある。どんな綺麗事を並べようと生きることは他者を犠牲にして在り方を否定して自分の身体に取り入れなければ成り立たない。見て見ぬ振りをしているから齟齬から生まれたケガレを誰かに押しつけることになる。本当は僕たちは血まみれになって他の存在を食い殺し生きているということを忘れなければ自分を生かしてくれる全てへの感謝を忘れることはない。2018/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8102785

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。