幽ブックス<br> ぼくらは怪談巡礼団

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

幽ブックス
ぼくらは怪談巡礼団

  • 著者名:東雅夫/加門七海
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • KADOKAWA(2014/09発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784040667607

ファイル: /

内容説明

日本各地に伝わる怪談の舞台を、加門七海と東雅夫と怪しい仲間たちが探訪。岐阜山中で、遠野の宿で、一行を待ち受ける怪奇現象の数々。迫真の怪談紀行にして名作ガイドでもある、かつてないトラベル・ブック、誕生!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆみきーにゃ

58
《図書館》ずっと読みたかった一冊。東さんの文体?があんまり好きではないので読みきれるか不安だったけど、夢中で読んでしまいました。さすが加門さん。怪談巡礼団の続きが是非読みたいですね。2017/02/03

マンダリン子

43
怪を探しにみんなで出かけて行くのですがちっとも怖くない。というか明るさにあふれてる。加門さんって楽しい方なんですね。なのにあんなに霊を寄せつけて。不思議な人です。2020/01/02

sora

35
表紙があまりにも明るく派手で軽薄?な感じがしたので、「怖いものには近づかない主義」の私でも大丈夫と思ったのが、間違いでした。せめてのなぐさめは、今日がお盆じゃなかったことかな。十分すぎるくらい怖くて恐ろしかったです。2014/07/29

そうたそ@吉

34
★★☆☆☆ 「怪談」をテーマに様々なスポットを巡るガイドブック的紀行文。こういう視点から歴史史跡を巡ってみるのも面白いかもしれない。「幽」に連載されていただけあって、一部始終怪談話に関わる話ばかりで怪談好きからすればたまらない一冊かもしれない。こういう史跡巡りをするのは面白いとは思うが、内容に関して言えばそれほど面白いとも思えなかった。別に自分自身が怪談好きな訳ではないので、この程度にしか感じないのかな。京都は馴染みの場所なので、読みながら「ここにこんないわくが」と新たな発見ばかりだった。2014/08/25

瀧ながれ

25
怪談文学の舞台を訪ねてみようという企画。旅するのは、泉鏡花ゆかりの金沢や夜叉ヶ池、『遠野物語』の遠野など。東雅夫氏が文学などの解説をして、加門七海氏が実際に体験した怪異を語る構成で、時代は変わっても、まだまだ生きている怪異はあるのだなあと思った…。2014/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8072639

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。