中経出版<br> 山王病院の院長が教える 赤ちゃんが欲しいと思ったときに読む本

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy
  • Reader

中経出版
山王病院の院長が教える 赤ちゃんが欲しいと思ったときに読む本

  • 著者名:堤治
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • KADOKAWA(2014/05発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

7組に1組の夫婦が不妊に悩んでいるといいます。35歳過ぎての不妊治療で初めて「卵子の老化」を知り、産みたいのに産めない現実に愕然とするそう。不妊治療の権威・山王病院院長に妊娠力のつけ方を教わります。

目次

第1章 妊娠が気になるなら覚えておきたい夫婦の身体のこと(卵子が老化するって本当なの!? 想像以上に繊細な月経のしくみ ほか)
第2章 女性なら知っておきたい不妊のこと(「いつでも産める」の悲しい誤解 性教育の後れが不妊大国日本を作っている ほか)
第3章 産める身体のためにトライしたい授かり力アップの習慣(まずはいまの生活を総点検してみよう バランスのよい食事が摂れているかチェックしよう! ほか)
第4章 授かり力の要!いいセックスのすすめ(本当に欲しい?まずはお互いの本音を知ろう 男性は女性が思うよりもデリケートな生き物 ほか)
第5章 迷ってしまったときのためのQuestion&Answer11(過去に低用量ピルを飲いでいたことがありますが、妊娠はできますか? かつて中絶をした経験があります。不妊の原因になりますか? ほか)