逃げるが勝ち

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

逃げるが勝ち

  • 著者名:横山貴子【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 日経BP(2014/06発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822273293

ファイル: /

内容説明

20代で転職9回。望んだ仕事と違う、上司と合わない、ここに居場所はない――著者は、様々な理由をつけて辛い状況から逃げ続けたと言います。
一念奮起して開業資金を貯め始め、33歳の時に500万円の元手で飲食店を開業。
でも、料理長とぶつかって、ここでも逃げました。
時代に先駆け、隠れ家店、ジンギスカン料理、コラーゲン鍋などをヒットさせた著者は、「逃げは罪悪ではない」と語ります。
「納得のいかない現状から逃げることは、人生を切り開く自発的な行動。
行動し続ければ、必ずいつか、自分に相応しい場所が見つかります」。

目次

第1章 念願の開業、でも自分の店から逃げ出した(カミングアウト あの女ばかり儲けやがって ほか)
第2章 20代に転職9回、どこにも居場所が見つからない(早く大人になりたい 絵に描いたような高校デビュー ほか)
第3章 看板も価格表示もない店が大当たり(やっぱり恵比寿がいい 作戦会議メンバー登場 ほか)
第4章 壊しては作る。21回の開店とリニューアル(「続201号室」オープン 扉を開けると屋台だった ほか)
第5章 いい加減で鈍感くらいがちょうどいい(数字は大の苦手だけど 働く女性が陥るワナ ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひろやん

2
この方もまた色々とやってるなぁという感じ。何度も思うけど本を出版するってことはそれだけ経験してるしやってきてるんだなと。タイトル買いしたから読み始めると印象が違ったかな。2015/10/17

キンセンカ

1
逃げると言うより、後処理きちんとしてるので 去る と言った方が正しい気が。2014/10/22

Yasuko Watanabe

0
★12017/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8058241

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。