文春新書<br> 原発敗戦 - 危機のリーダーシップとは

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

文春新書
原発敗戦 - 危機のリーダーシップとは

  • 著者名:船橋洋一
  • 価格 ¥838(本体¥762)
  • 文藝春秋(2014/03発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784166609567
  • NDC分類:543.5

ファイル: /

内容説明

福島第一原発事故で、日本は「あの戦争」と同じ失敗を繰り返した――。『カウントダウン・メルトダウン』(大宅賞受賞)で福島第一原発事故を克明に描いた船橋氏が、福島の失敗の原因を徹底検証。
船橋氏の方針は、「文化論」を極力避けること。「文化決定論」は無責任と敗北主義をもたらし、「日本人だからダメなのだ」という居直りとあきらめをもたらすだけだからです。そこで氏は組織論、リーダーシップ論、ガバナンス論の視点から、どのような状況におかれた意思決定者が、どのような人間関係や指揮系統のなかで、どのように決断や命令を下したのかを具体的に検証。その結果あぶり出されたのは、戦力の逐次投入、「最悪のシナリオ」を考えることの放棄、インテリジェンスの軽視、タコツボ的な指揮系統、大局を見ない組織間抗争……。まさに、太平洋戦争論において散々指摘されてきたものと酷似した、数々の問題点でした。今度こそ同じ失敗を繰り返さないために、船橋氏はいかなる処方箋を見出すのか? 半藤一利氏らとの特別対談を収録。

目次

第1部 戦史編(危機の現場 危機の司令塔 危機管理の本質 危機のリーダーシップ)
第2部 対話編(チャールズ・カストー(元米NRC日本サイト支援部長)「すでに最悪の事態は起こっていた」
増田尚宏(福島第二原発前所長)「紙一重だった」
折木良一(前防衛省統合幕僚長)「自衛隊にも限界がある」
野中郁次郎(一橋大学名誉教授)「非常事態を直視できない国家は負ける」
半藤一利(作家)「あの頃と全く変わってない」)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kochi

20
東北の地震、津波、そして福島原発の事故につながる大震災において、日本は、先の大戦のときの教訓を生かせず、あたかも、「原発敗戦」ともいうべき状態にであったとの著者の主張を補強するため、福島原発事故の経緯を述べる間に、ところどころ太平洋戦争当時の状況を挟みつつ(例えば、「まるでガダルカナルではないか」とのつぶやきを入れる)、また、対談には野中『失敗の本質』さんや半藤『日本の一番長い日』さんが選ばれていて、論を補強するような人材だが、福島第二の責任者増田所長と折木統合幕僚長(いずれも当時)のインタビューが収穫。2019/07/30

coolflat

8
戦前の政府や軍部と、原発事故時の政府や東電を対比させながら、危機対応、組織構造、リーダシップのあり方などを検証している。結局、日本は70年前と全く変わっていなかった。正に福島原発事故は「第二の敗戦」であった。ところで第一の敗戦と第二の敗戦を導いた本質とは「非決定」である。非決定とは無責任な霞ヶ関と軍部の人事システムのことである。個人の責任を問われるリスクを回避するために人事を頻繁に変える。1、2年で交代となれば、ポストにいる間は決定を先送りする。非決定という責任回避システムが過ちを繰り返させるのである。2014/08/15

sasha

7
先の大戦と福島第一原子力発電所事故の病根は同じではないのかを論じている。政治家・官僚の責任回避、当事者たちの能力不足、そして現場に玉砕を強いる。確かに同じような構造が継続しているのだろうと思う。当時の民主党政権の事故対応は確かにグダグダだった。だが、時の政権だけが責められるべきなのだろうか。原子力発電所を計画した時から「最悪のシナリオ」を描こうとしなかった歴代政権に責任がないはずはないと思うんだけどな。2019/03/10

masabi

6
危機のリーダーシップとは、責任・権限・指揮系統を明確にすること、情報を密にやり取りすること、大きな政治を実現することである。指揮官として、国民に訴えかける言葉をかける、居場所、出番、役割を常にはっきりさせておく。危機管理に対してはアメリカとは雲泥の差があり、まるまる模倣できるわけではないが模範とすることが求められる。要は、危機に対する予防、準備、起きてしまったときの対応であり、特に最後は最悪のシナリオを想定しなければならない。2014/06/14

しんこい

6
これを読んで政治家や官僚の資質の弱さを嘆くのは簡単ですが、振り返って同じような環境で育ったのに、周りの惑わされず決断できる人がそんなたくさんいる訳もなし。会社やビジネスでも似たような感じですね。戦争はいやですが、「文化」としてとらえ直視しない国家は滅亡する、というのは痛い指摘です。2014/05/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7949970

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。