光文社新書<br> 君の働き方に未来はあるか? - 労働法の限界と、これからの雇用社会

個数:1
紙書籍版価格 ¥836
  • Kinoppy
  • Reader

光文社新書
君の働き方に未来はあるか? - 労働法の限界と、これからの雇用社会

  • 著者名:大内伸哉
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 光文社(2014/01発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

働くことの本質を見抜いてプロを目指せ――。「正社員であれば安泰」という時代は過去のものとなった今、「雇われて働く」ということは本来どういうことなのか、正社員のメリットとデメリットは何か、労働法は今後も頼りになるか、IT社会に向けてどのように準備すればよいか、プロとして働くとはどういうことか、等々を多角的に論じ、「これからの働き方」に迷っている人のための指針を示す。

目次

第1章 雇用の本質
第2章 正社員の解体
第3章 ブラック企業への真の対策
第4章 これからの労働法
第5章 イタリア的な働き方の本質
第6章 プロとして働くとは?
第7章 IT社会における労働
終章 パターナリズムを越えて