中公文庫<br> 大江戸商売ばなし

個数:1
紙書籍版価格 ¥775
  • Kinoppy
  • Reader

中公文庫
大江戸商売ばなし

  • 著者名:興津要【著】
  • 価格 ¥775(本体¥705)
  • 中央公論新社(2014/01発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「玉や玉屋」とさぼん玉売り、石見銀山鼠取り。季節の雛売り、朝顔売り。鍋釜直す鋳掛屋など。棒振り商いから大店、大道芸に至るまで、江戸の町はあらゆる商売で賑わっていた。江戸っ子たちの売買は軽快な掛け合いで、時に人情が溢れでる。気の利いた川柳や流行の小咄が当時の活気を今に伝える、読めば江戸の日常が脳裏に蘇る楽しい一冊。

目次

第1章 季節の物売り
第2章 日々の物売り
第3章 修理・廃品回収業
第4章 江戸の名店
第5章 街角の芸人
第6章 縁日の見世物