文春新書<br> 平成経済事件の怪物たち

個数:1
紙書籍版価格 ¥896
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春新書
平成経済事件の怪物たち

  • 著者名:森功
  • 価格 ¥873(本体¥809)
  • 文藝春秋(2014/02発売)
  • 令和初!初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/26)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日本経済が絶頂期を迎えたのち、バブルの崩壊によって一転、奈落の底に突き落とされた――。そんな平成時代を象徴する経済事件の主役たちを、ジャーナリストの森功氏が独自の取材資料・情報源に基づき描き尽くした列伝。金丸信(佐川急便事件)、許永中(イトマン事件)、小沢一郎(陸山会事件)、高橋治則(イ・アイ・イ事件)、田谷廣明&中島義雄(大蔵省接待汚職)、田淵節也(野村証券損失補填事件)、磯田一郎(イトマン事件)、尾上縫(巨額詐欺)、江副浩正(リクルート事件)、早坂太吉(最上恒産事件)、佐佐木吉之助(桃源社事件)、末野謙一(末野興産事件)、武井保雄(武富士電気通信事業法違反)、村上世彰(村上ファンド事件)。この15人の怪物を通して、平成日本の暗部を浮き彫りにします。

目次

江副浩正―ベンチャーの革命児
磯田一郎―住銀の天皇
田淵節也―証券界のドンの特攻経営
金丸信―佐川急便と五億円闇献金事件
尾上縫―興銀を掌で転がした「美人女将」
高橋治則―長銀をつぶした男
田谷廣明・中島義雄―接待汚職で失墜した大蔵官僚
早坂太吉・末野謙一・佐佐木吉之助―不動産神話の申し子たち
許永中―最後の大物フィクサー
武井保雄―武富士サラ金帝国の滅亡
村上世彰―ファンドバブルの鬼っ子
小沢一郎―政治とカネの呪縛