文春新書<br> 現代中国悪女列伝

個数:1
紙書籍版価格 ¥907
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春新書
現代中国悪女列伝

  • 著者名:福島香織
  • 価格 ¥905(本体¥838)
  • 文藝春秋(2014/01発売)
  • 【Kinoppy】ポイント40倍!文藝春秋「電書の森2019」(~9/26)
  • ポイント 320pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

中国に、美女は多いが「悪女」も多い……。中国で悪女と呼ばれるには4つの条件があります。1、美女であること。2、才媛であること。3、世間を驚愕させる事件を起こすこと。4、政治権力とかかわりがあること。つまり美人で、頭も良くなければ悪女になれません。
彼女らは、なぜ悪女になったのでしょうか? 悪女にならずには生きていけなかったからです。薄煕来の妻・谷開来、“公共情婦”李薇、ネット上の露悪女、そして江青、葉群。中国を陰で動かした悪女たちそれぞれの人生には、恐ろしいけれど、どこか物悲しさ、痛ましさを覚えます。彼女らの素顔を通じて、現代中国の本質に迫ります。

目次

第1章 江青の系譜を継ぐ正統派悪女―谷開来
第2章 温家宝の妻のダイヤモンド女王―張培莉
第3章 夫の存在感“食う”ファーストレディ―彭麗媛
第4章 堕ちた歌姫は権力闘争の生贅か―湯燐
第5章 魔性の熟女のチャイナドリーム―李薇
第6章 元鉄道相の美しくない愛人―丁書苗
第7章 中国赤十字の信用を失墜させた九〇后美少女―郭美美
第8章 八〇后の露悪女―鳳姐
第9章 中国近現代史上最悪の悪女―江青
第10章 林彪を操り破滅させた女―葉群
第11章 中国に悪女が多いワケ