ビジネスで一番大切なしつもん

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

ビジネスで一番大切なしつもん

  • 著者名:松田充弘【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 日経BP(2015/06発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822249915

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

いい質問(=しつもん)は、あなたが思っている以上に、あなたの思考や生き方に大きな影響を与えます。なぜなら、人は誰でも無意識のうちに、数多くの質問を自分に投げかけながら生活しており、その質問のクオリティー次第で、人生や仕事の充実度が変わっていくからです。

目次

第1章 しつもん力基礎講座(質問には種類がある 相手の思いや行動を引き出す ほか)
第2章 しつもん力を上げる「技術」(聴く技術 視点を変える技術(フォーカスチェンジ) ほか)
第3章 効果的な質問のつくり方(「何で?」を「どのようにすれば?」に変える 可能性にフォーカスする ほか)
第4章 実践編しつもん営業術―営業力を劇的にアップさせる「七つの法則」(全体講義―売れる人と売れない人の差はどこにあるのか? 「ご縁の法則」―絞り込んで関係性を濃くする ほか)
第5章 ビジネスを成功に導く「魔法の質問マンダラチャート」―「気づき」と「行動」を呼び起こす「104のしつもん」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

猪子恭治

26
2013年6月「なぜ、ぼくはこんな生き方・働き方をしているのだろう?」の自伝的著書から「しつもんマーケティング」「しつもん仕事術」「しつもん上司術」と立て続けにビジネス系の著書を刊行し、本書が集大成となる。マンダラチャートとドリルを駆使し、演習をしながら体系的に学ぶ。全ては、関係性にある。その関係性を高める最高のツールが「しつもん」である。相手の気づきややる気、行動を引き出す問いを立てるのが「しつもん」、自分へも同じ。良い会社の条件は「ファンの数」「利益の額」「社員の満足度」で近江商人の「三方よし」と同じ2013/12/11

はる坊

8
勇気づけだったり、そのしつもんの目的は何なのかを考えたり、著者はアドラー心理学で言われていることを、だいぶ活用しているなと感じた。なので、アドラー心理学を読んでからこの本を読むと、理解度が変わってくると思う。2014/08/07

commy

3
質問力があがれば売り上げがあがる…という序章から始まるのですが、なるほど、とても大切なことを学びました。質問の質を上げること、それは相手を知るための手段としての質問ではなくやる気を出し、勇気づけ、信頼関係を築くための素晴らしい方法。自らにも質問を問いかけることでどんな人生にしたいかわかってくる。2016/01/14

Michi

3
心がけるのはIメッセージ。(対人コミュニケーションはアサーティブに)。著者の一番大切な質問は「このチームで成し遂げられる奇跡は何か』だそうです。2014/01/09

r_ngsw

2
こちらの本、覚えている限り三読めですね。直近いつだったのかな、と思ってサイト内を調べてみますと、 続き→ https://goo.gl/NKwO6D  2017/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7734509

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。