文春文庫<br> 悩むことはない

個数:1
紙書籍版価格 ¥550
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
悩むことはない

  • 著者名:金子兜太
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 文藝春秋(2013/11発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167838843
  • NDC分類:914.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

御歳94歳。自由闊達な精神のもと、なお旺盛な句作を続けて現代俳句を牽引し、その魅力を全身で発信している俳人・金子兜太。若者にも年寄りにも生きにくい現代を、昨日よりはラクな気持ちで生きられるように、「かくあるべし」と「かくはあるべからず」を柔らかく語って聞かせる。あたかも散文詩集のような口調で語られる、小気味よい人生訓の、とっておきの書。

目次

第1章 問われて答う(「幸せ」と「不幸」をどうとらえるべきか 努力と運の良し悪し これまでの人生に自己犠牲はあったか ほか)
第2章 生い立ち来たるところ(糞尿愛好 糞尿と親しき村 漆と結婚 ほか)
第3章 戦争と俳句―戦地で俳句と訣別し、戦地でふたたび俳句に会う(海軍詩人・矢野武中佐との出会い 矢野中佐の思い出 帰国途中で命を落とした矢野中佐 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

pirokichi

6
積んであった本の中からふと読みたくなって。御年94歳の頃の金子兜太さんの語り下ろしと対談ふたつ。2年前に98歳で亡くなられて…何となくずっと亡くならない気がしていたので、すごく驚いたんだった。「生々しくないと信用できないという思いがある。」「本当に物に即するには、抱き合わなきゃだめ。」糞尿等のお話が多く、悠然とした人間・金子兜太を感じる。辺見じゅんさん、小沢昭一さんとの対談は読みながら声が聴こえてうれしかった。戦地での句会について語られた「戦争と俳句」は胸が熱くなる。味わいのある力強い題字は金子兜太さん。2020/12/16

たな

5
「糞尿愛好」という小見出しがあるくらい、糞尿の話が多く、面食らいながらも楽しく読んだ。自然と生活し、かつ、俳句をたしなむ家庭に育っていたこと、秩父の言葉の率直さが兜太氏に与えた影響、戦地での句会などが語られているが、中でも矢野武中佐の最後が印象的だった。当時、詩や俳句をたしなむ人はスパイなどという中傷を受けていたのだそうだ。2015/08/06

keroppi

1
うんこと尿とおならと、悠然と老いる姿がうらやましい。やはり、悩み多いのだ。2013/12/23

福留隆泰

0
生きていて生きてるだけで燕来る 人間は意思の強さ、これは絶対譲らないというものがないと、本当の自由にはなれない。 人生の達人の言葉は思い。2015/10/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7241162

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。