日本史の謎は「地形」で解ける

個数:1
紙書籍版価格 ¥817
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

日本史の謎は「地形」で解ける

  • 著者名:竹村公太郎
  • 価格 ¥699(本体¥636)
  • PHP研究所(2014/02発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569760841
  • NDC分類:291.018

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

養老孟司氏、推薦! 荒俣宏氏、推薦!河川行政に長年携わり、日本全国の「地形」を熟知する著者が、歴史の専門家にはない独自の視点(=インフラからの視点)で日本史のさまざまな謎を解き明かしていく。なぜ京都が都になったか──都市繁栄の絶対条件元寇が失敗に終わった本当の理由とは何か──日本の危機を救った「泥の土地」なぜ信長は比叡山延暦寺を焼き討ちしたか──地形が示すその本当の理由関ヶ原勝利後、なぜ家康はすぐ江戸に戻ったか──巨大な敵とのもう一つの戦い赤穂浪士の討ち入りはなぜ成功したか──徳川幕府百年の復讐なぜ吉原遊郭は移転したのか──ある江戸治水物語なぜ江戸無血開城が実現したか──船が形成した日本人の一体感「地形」を見直すと、まったく新しい歴史が見えてくる!歴史に対する固定観念がひっくり返る知的興奮と、ミステリーの謎解きのような快感を同時に味わえる1冊。

目次

関ヶ原勝利後、なぜ家康はすぐ江戸に戻ったか―巨大な敵とのもう一つの戦い<br/>なぜ信長は比叡山延暦寺を焼き討ちしたか―地形が示すその本当の理由<br/>なぜ頼朝は鎌倉に幕府を開いたか―日本史上最も狭く小さな首都<br/>元寇が失敗に終わった本当の理由とは何か―日本の危機を救った「泥」の土地<br/>半蔵門は本当に裏門だったのか―徳川幕府百年の復讐1<br/>赤穂浪士の討ち入りはなぜ成功したか―徳川幕府百年の復讐2<br/>なぜ徳川幕府は吉良家を抹殺したか―徳川幕府百年の復讐3<br/>四十七士はなぜ泉岳寺に埋葬されたか―徳川幕府百年の復讐4<br/>なぜ家康は江戸入り直後に小名木川を造ったか―関東制圧作戦とアウトバーン<br/>江戸100万人の飲み水をなぜ確保できたか―忘れられたダム「溜池」<br/>なぜ吉原遊郭は移転したのか―ある江戸治水物語<br/>実質的な最後の「征夷大将軍」は誰か―最後の“狩猟する人々”<br/>なぜ江戸無血開戦が実現したか―船が形成した日本人の一体感<br/>なぜ京都が都になったか―都市繁栄の絶対条件<br/>日本文明を生んだ奈良は、なぜ衰退したか―交流軸と都市の盛衰<br/>なぜ大阪には緑の空間が少ないか―権力者の町と庶民の町<br/>脆弱な土地・福岡はなぜ巨大都市となったか<br/>「二つの遷都」はなぜ行われたか―首都移転が避けられない時

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ehirano1

110
日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】を先に読んでしまっていたのですが、大胆な仮説と半検証から導かれる推論は読んでいて素直に楽しいです。また本書では当方が住居を構える福岡市について触れられており、その項は必然的にテンションが上がりました(笑)。2016/11/04

あちゃくん

86
元建設官僚の竹村さんが、地形から歴史を読み解くシリーズです。この本読んでいるとなるほどそうだったのかとわくわくすることがたくさんあります。前半部分の半蔵門や赤穂浪士の話は竹村さんの別の本を読んでいて既知の事ではありましたが、後半の小名木川以降の話はワクワクしっぱなしでした。2014/08/14

キック

75
積読本消化。芝居がかった断定口調の文体に、最後まで慣れませんでした。さらには参考文献等のリストが全くなく、結局は物証等を含めた何の裏付けのない竹村氏の空想にすぎないと自ら明らかにしているようなもの。それにしても、赤穂浪士の与太話や「毛利家は狩猟民族だ」なんて話は荒唐無稽の言語道断。また、背後からの攻撃を封じるための比叡山焼き討ちだったこと、元寇は嵐だけで撃退できたわけではないこと、福岡が古来より大陸の玄関口として発展してきたこと等々、特に新鮮味はなく、個人的にはとても残念な物語でした。2020/10/17

ホークス

61
地理と地形から日本史を再考する。元土木官僚の著者は細かい論証に拘らず大胆。思い込みを揺さぶる所は鯨統一郎の「邪馬台国はどこですか?」を思わせる。信長の比叡山殲滅は、東西の境を厄す逢坂峠が目的との説は鋭い。元寇失敗の本質的理由は車両を使えなかった事で、牛馬の動力化に失敗した日本には車両用道路がなかったのだ。大阪に緑地が少ない理由は江戸時代の権力者不在という説に納得。奈良に感じる「遺跡感」の根拠も分かった。江戸城半蔵門から忠臣蔵に繋がる一連の謎が特に読ませる。一部観念論もあるが楽しめる一冊。2017/11/19

たかしくん

59
途中まではありがちな歴史雑学本?と思いましたが、違います。歴史をインフラ目線で仮説を立て検証していきます。えぇ?なんて思うところもありましたが、著者のその先入観のなさが、かえって良かったと思います。2014/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7295297

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。