絶対に負けない交渉術 やってはいけない35のルール

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

絶対に負けない交渉術 やってはいけない35のルール

  • 著者名:植田統【著】
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • SBクリエイティブ(2013/12発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

ライブドア、JALの事業再生にも関わった異色の一流弁護士が、その豊富な経験から、絶対にやってはいけない交渉例を紹介しつつ、必ず勝ちにつなげるプロのルールを紹介する。

●著者紹介
植田統(うえだ・おさむ)
弁護士、国際経営コンサルタント、名古屋商科大学教授。
1957年生まれ。1981年東京大学法学部卒業。ダートマス大学経営大学院にてMBA取得。成蹊大学にて法務博士取得。東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)、ブーズ・アレン・ハミルトン、野村アセットマネジメント、レクシスネクシス・ジャパン代表取締役、世界最大の企業再生コンサルティング・ファームであるアリックスパートナーズでライブドア、JALの企業再生を担当し、弁護士、国際経営コンサルタントとして独立。著書に、『45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本』(日本経済新聞出版社)、『銀行から「金を返せ」と言われたら読む本』(光文社)など。

目次

第1章 絶絶にやってはいけない「素人」交渉(相手をだます 熱くなる 作戦を考えずに臨む お金や時間を先に使う 望む結果を相手に伝えない 交渉のボールを投げない そのままに終わらせる)
第2章 絶対に負けない交渉術―基本編(交渉の5大要素を見落とす 相手を敵視する ウソをつく 自己アピールしない 目先の利害だけを見る 自分だけ得しようとする)
第3章 絶対に負けない交渉術―戦略編(感情に流される 当事者以外とやり取りする 対立軸を見誤る 交渉要素を1点に絞る 時間軸を考えない 落としどころを考えない)
第4章 絶対に負けない交渉術―戦術編(相手の発言を真に受ける 意思をあいまいにする 自分の状況をすべて伝える 落としどころに縛られる 過去の投資や労力を惜しむ 「白か黒か」で考える 焦って決着をつける 安易にうなずく いたずらに時間をかける)
第5章 絶対に負けない交渉術―実践編(相手のことを調べない 時間に遅れる 失礼な態度を取る 相手の土俵に出向く 話の裏を取らない 口約束で終わらせる ネクストステップを決めない)