中公文庫<br> 馬場恒吾の面目 - 危機の時代のリベラリスト

個数:1
紙書籍版価格 ¥859
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
馬場恒吾の面目 - 危機の時代のリベラリスト

  • 著者名:御厨貴【著】
  • 価格 ¥859(本体¥781)
  • 中央公論新社(2013/11発売)
  • 山の日の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/10)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

戦前、二大政党政治が崩壊し軍部台頭、そして日米開戦まで、政治評論家として〈雄弁〉に時代を語り、戦時中は総合雑誌への執筆禁止という形で〈沈黙〉を余儀なくされ、戦後は新聞経営者として「書く場」を守りきったリベラリストの本格評伝。一九九七年度吉野作造賞受賞作。

目次

序章 危機の二十五年―政治評論家の運命
第1章 生涯一ジャーナリスト―政治評論家への道
第2章 コラムニストの誕生―「日曜時評」の創設
第3章 挙国一致内閣と政党―議会政治の活性化へむけて
第4章 二・二六事件―政党の失地回復へむけて
第5章 日中戦争と近衛新体制―立憲政治の原則へむけて
第6章 戦中沈黙のリベラリスト―抑圧の中の自由
第7章 戦後戦う民主主義者―象徴としての評論家社長