藤原氏の悪行

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

藤原氏の悪行

  • 著者名:関裕二
  • 価格 ¥1,242(本体¥1,150)
  • 講談社(2013/11発売)
  • 爽やかな秋に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/21)
  • ポイント 275pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「藤原氏はどうやって日本を乗っ取ったのか!?」平安時代から近代まで続いた、藤原氏と天皇家のただならぬ関係を読み解く。天皇家の母親をみると、ほとんどは藤原氏の女性で占められている……それはなぜか? しかも藤原氏は他者との共存を拒み、政敵をことごとく退けてきた。「正義の味方」とはほど遠い藤原氏の呪縛から、天皇家はいかに逃れようとしてきたのか。日本史最大のタブーに挑む。

目次

第1章 明治維新と閨閥の力(何度も没落しそのたびに蘇った藤原氏 何度も蹉跌を味わった藤原氏 ほか)
第2章 藤原氏の正体(神話に登場する中臣鎌足の祖神 不可解な乙巳の変 ほか)
第3章 なぜ藤原氏はのし上がることができたのか(中臣鎌足の末裔が他者を圧倒した理由 律令制度とは何か ほか)
第4章 律令と天皇という魔法(天皇に権力はなかったが天皇の命令は絶対だった なぜ聖武は仏教を重視したのか ほか)