文春文庫<br> 仏教シネマ

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
仏教シネマ

  • 著者名:釈徹宗/秋田光彦
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 文藝春秋(2013/10発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

映画にはなぜ、お葬式のシーンが多いのか? 気鋭の宗教学者・釈徹宗師の問いから始まった対談。お相手は日本で一番若者が集まるお寺・應典院住職にして、かつては映画プロデューサーだった秋田光彦師。2人の“怪僧”が映画の中の生老病死、そして葬儀を手がかりに、人生の苦しみといかに向き合うかを説きます。とりあげる映画は『秋日和』から『永遠と一日』まで、全110本。読めば必ず観たくなる!

目次

第1章 生きる(「宗教的映画」って何やねん 無縁社会の若者たち ほか)
第2章 老いる(世界最強の老人映画 師匠と弟子 ほか)
第3章 病む(なぜ余命ものが流行るのか 末期ガンを生きる ほか)
第4章 死ぬ(死体と遺体 埋葬と遺骨 ほか)
第5章 葬る(なぜ『おくりびと』に宗教者はいないのか 葬式のコミュニケーション ほか)