扶桑社新書<br> コマ大数学科特別集中講座

個数:1
紙書籍版価格 ¥777
  • Kinoppy
  • Reader

扶桑社新書
コマ大数学科特別集中講座

  • 著者名:ビートたけし/竹内薫
  • 価格 ¥648(本体¥600)
  • 扶桑社(2013/09発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

たけしさん、映画を因数分解してるって、どんなことをするんですか?「違う道を選ぶなら数学家になりたかった」という世界の奇才・ビートたけしと、番組の数学解説者の竹内薫とが、数学的思考についてやさしく説いた数学書。アキレスと亀のパラドックス、ルイス・キャロルの図形パラドックス、掛谷問題など、数式を使わないで解く、数学クイズも満載! ! ・たけし映画はデルタ関数だ・芸大教授たけしの数学的講義・0と1の間に横たわる概念のギャップ・数学から表現を学ぶ・たけし・竹内、数学の難問に挑戦する……ほか※本書は2006年12月に出版された同タイトルの単行本の原稿に、2011年10月に出版された『THE PARADOX』の原稿を一部加え、加筆修正し、出版された新書を電子書籍化したものです。

目次

第1章 たけし×竹内『コマ大数学科』を語る(数学の楽しさを番組にしたかった 低予算のわりに苦労の多い番組 ほか)
第2章 たけし×竹内 映画を語る(たけし映画はデルタ関数だ 映画は数学を応用して撮る ほか)
第3章 たけし×竹内 数学のおもしろさ楽しさを語る(レストランの勘定さえ計算できない? 四桁の数、四つを10にするゲーム ほか)
第4章 たけし×竹内 数学の難問に挑戦する(ファインマンが作った究極の覆面算 二人で覆面算に挑戦する ほか)