文春新書<br> 食の戦争 - 米国の罠に落ちる日本

個数:1
紙書籍版価格 ¥781
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春新書
食の戦争 - 米国の罠に落ちる日本

  • 著者名:鈴木宣弘
  • 価格 ¥775(本体¥705)
  • 文藝春秋(2013/11発売)
  • 春気分満喫!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~4/18)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784166609277
  • NDC分類:611.3

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

食のグローバル化で、食の世界地図はどう書き換えられるのか――。戦略なき日本の危機を見つめ、あるべき未来を徹底的に考える警告の書。TPP参加の先には“第二の原発”と呼ばれる遺伝子組み換え作物問題が待ち受けている。種子をめぐる世界の食戦略と、水面下で起きつつある変化。食卓レベルでどういう変化が起きるのか? 日本のとるべき道は? 消費者が知らない食の問題をグローバルな観点から読み解きます。

目次

第1章 戦略物資としての食料
第2章 食の安全を確保せよ―食の安全をめぐる数々の懸念
第3章 食の戦争1―モンサント発、遺伝子組換え作物戦争
第4章 食の戦争2―TPPと食
第5章 アメリカの攻撃的食戦略―日本農業に対する誤解
第6章 日本の進むべき道、「強い農業」を考える