鈴木みきの山の足あと

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,296
  • Kinoppy
  • Reader

鈴木みきの山の足あと

  • 著者名:鈴木みき
  • 価格 ¥1,036(本体¥960)
  • 山と溪谷社(2014/03発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

鈴木みきが、『山と溪谷』『ヤマケイJOY』『富士山ブック』等の取材にかかわるなかで、登山者として成長していく姿を振り返ります。当時の記事と、それに対する後記という構成、そして、メインの写真に加え、イラストやマンガもふんだんに提供しています。 奥秩父・雲取山や北アルプス・穂高連峰、南アルプス・白峰三山といったポピュラーな山をメインにしながらも、南アルプス・仙塩尾根や北アルプス・西穂~槍といった難コースも加わり、初級者だけでなく山慣れした登山者も楽しめる内容となっています。※鈴木みきさんは、2000年『ヤマケイJOY』の読者モデルとしてスタートしています。

目次

奥多摩雲取山―沢野ひとし画伯、東京都最高峰へフガフガ山行
北アルプス奥穂高岳・前穂高岳―転がる。こぶつくる。でも登る。
南飛騨位山―未知との遭遇!?UFO山
南アルプス白峰三山―山の花火
山梨県・静岡県富士山―富士山登頂ツアーに参加しました!
岐阜県・長野県御嶽山―濁河温泉から登る御嶽山
長野県安曇野・美ヶ原―暮らしについて学ぶちょっぴり贅沢な体験
南アルプス仙塩尾根―あえて一本それてみる。それが南アの登山流儀。
北アルプス穂高岳・槍ヶ岳―急峻な岩稜で結ぶふたつの秀峰
山梨県飯盛山―撮りおろしスペシャルルポ今の私にとっていちばんフレンドリーな山