頭がいい人、悪い人の話し方 - あなたの評価がグンと上がる会話のヒント

個数:1
紙書籍版価格 ¥972
  • Kinoppy
  • Reader

頭がいい人、悪い人の話し方 - あなたの評価がグンと上がる会話のヒント

  • 著者名:樋口裕一
  • 価格 ¥749(本体¥694)
  • PHP研究所(2013/06発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

その話し方、頭が悪いと思われていませんか。話し方は、その人の知性を測る身近なものさしです。第一印象だけではなく、評価すら決まってしまうといっても過言ではありません。知的に見える話し方をするには、知的に考える訓練でもあります。論理的に話すことができれば、信頼や人望を得ることも、会社での評価を上げることも、人間関係をよくすることも可能になります。本書は、頭がよく見える話し方、悪く見える話し方の例を豊富に紹介し、誰でも論理的に話せる方法を紹介しています。250万部突破のミリオンセラー著者が教える「仕事」「恋愛」「人づき合い」を好転させる一冊です。

目次

第1章 実例頭がいい人、悪い人の話し方(仕事編1 意見だけで根拠を示さない、困った上司 仕事編2 こんな部下に、仕事を任せたくない! ほか)
第2章 “頭のいい話し方”を身につけよう(話し方は“思考の習慣” 型で自分の意見を伝える ほか)
第3章 今すぐ使える!話し方の応用テクニック(「理由は三つある」と言ってみる 引用・うんちくはどんどん使おう ほか)
第4章 頭がいい話し方が身につく“思考法”(「ノー」の視点で問題発見力を高める 物事を二項対立でとらえる ほか)
第5章 頭がいい話し方が身につく“口ぐせ”(「ぜひ、やらせてください」 「とても勉強になります」)