しらゆきひめ

個数:1
紙書籍版価格 ¥419
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

しらゆきひめ

  • 著者名:薬師夕馬【著】/上北ふたご【絵】
  • 価格 ¥330(本体¥300)
  • 河出書房新社(2014/05発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 90pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784309680095

ファイル: /

内容説明

美しい白雪姫は、おきさきさまからにくまれて、お城にいられなくなりました。かくまってくれたものたちと、仲良く暮らし始めます。しかし、どこまでも魔の手が迫ります。白雪姫の運命はいかに!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

砂糖と塩

12
同レーベルの『あかずきん』が色々と素晴らしかったため、こちらも購入。本作はイラストを上北ふたご先生が担当しており、まさしくプリンセスプr…おっとっと。しかし原作準拠なのは『あかずきん』と変わらず、何度も同じ手口で騙される白雪姫の馬鹿さ加減や、姫の死体を持ち帰りたがる王子の病みっぷりが、今風の可愛らしい絵柄と変な食い違いを起こしておりました。ラストシーンに至っては、笑顔で拍手する白雪姫と王子の晴れやかさに、狂気さえ感じます。だってこの場面、地の文ではお妃に焼けた鉄の靴を履かせて嬲り殺してるんですぜ…。2016/04/29

雨巫女。

8
《書店》白雪姫可愛い。まだ、お妃さまが、綺麗だと思うけど…性格は悪そうだね。2013/06/01

もっち

2
上北ふたご先生イラストの絵本その3 白雪姫幼い頃からかわいい 小人たちも個性豊かに描き分けられていてかわいい そしてお妃様はどう見てもラスボス しかしふたご先生、明らかにお姫様と王子様のお話ばかり振られてるな2013/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6855440

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。