ブルーバックス<br> からだの中の外界 腸のふしぎ 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,012
  • Kinoppy
  • Reader

ブルーバックス
からだの中の外界 腸のふしぎ 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫

  • 著者名:上野川修一【著】
  • 価格 ¥1,012(本体¥920)
  • 講談社(2014/07発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062578127

ファイル: /

内容説明

進化をきわめた「おどろきの臓器」。実は「体外」だった! 年間1トンもの食べ物を消化・吸収し、たえず病原菌にもさらされる「内なる外」=腸。眼や口、呼吸器にまで目を光らせる最強の免疫器官であり、独自の遺伝子をもつ「腸内細菌」との共進化の場でもある。1億個ものニューロンを擁し、「第二の脳」とも呼ばれる驚異の「腸」能力とは? (ブルーバックス・2013年4月刊)

目次

第1章 腸は進化しつづけてきた―からだの中の「外界」はどうできたか
第2章 いのちをつくる腸の働き―驚異の消化・吸収力
第3章 腸はいつも考えている―1億個のニューロンに支えられた「第二の脳」
第4章 腸はからだを守っている―人体最大の免疫器官
第5章 共生者「腸内細菌」の素顔―「第二のゲノム」のすごい働き
第6章 腸の働きが低下したら…?
第7章 腸内細菌で健康になる

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

24
#説明歌 腸ふしぎ第二の脳で免疫系腸内細菌第二のゲノム 腸内の原核細胞メタゲノム種類は千種個数百兆 善玉菌ラクトバチルス悪玉菌クロストリジウム日和見菌も2017/08/27

calaf

13
確かに腸は、人間の中で最も外界とのつながりが大きいところの一つです。それゆえに、免疫機構が発達し、独自で動けるように、あたかも第二の脳のように振る舞っているらしい...まぁ、内容的には聞いたことのある話が多かったです。もちろん、最新成果に関しては初めて読むものなのは間違いないでしょうけど (^_^;;;2013/06/18

モモのすけ

12
そうか人間はちくわのわーさんなんだ。「腸は『食』を『いのち』に変える」「腸内細菌は免疫力を高める」2013/05/29

yutan

6
久しぶりの読書。留学前に頭の整理。というかもう一度知識を詰め直したかった。アカデミアの方が書かれているので理路整然として読みやすかった。p85消化の意味。p160腸内細菌叢を規定する因子。p161善玉菌と悪玉菌プロバイオティクス:腸内フローラのバランスの改善を通じて宿主に有益に働く細菌。ヨーグルト摂取、菌のカプセルや錠剤として。プレバイオティクス:難消化性の糖質。大腸内で有益菌の増殖を促進し、有害菌の増殖を抑制することにより、宿主に有益な効果を示す難消化性の食品成分。○○オリゴ糖、難消化性デキストリン等。2013/06/29

yutanpo

3
面白かった。腸を整えて丈夫になりたい。2021/01/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6519391

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。