本当は面白い「日本中世史」 愛と欲望で動いた平安・鎌倉・室町時代

個数:1
紙書籍版価格 ¥820
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

本当は面白い「日本中世史」 愛と欲望で動いた平安・鎌倉・室町時代

  • 著者名:八幡和郎【著】
  • 価格 ¥756(本体¥700)
  • 特価 ¥378(本体¥350)
  • SBクリエイティブ(2015/05発売)
  • ポイント 3pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

従来の日本中世史の常識を打ち破る明快な分析でこの時代の本質を明らかにし、これまでにない「わかりやすくて面白い」中世史を詳らかにしていく。

目次

第1章 大唐帝国の終焉と中世日本の始まり(平安・鎌倉・室町時代は究極の「小さな政府」の時代 平安遷都と東北経営で国の形をつくった桓武天皇(桓武~平城) ほか)
第2章 『源氏物語』と『平家物語』を政治史として見る(天皇よりも関白よりも強力な天皇の生母(冷泉~一条)
「皇后陛下」は明治になって始まった西洋式制度(三条~後三条) ほか)
第3章 京都の論理と関東の不満が正面衝突(「平家追討の令旨」が勘違いから大事件に(後鳥羽1)
京都人だった源頼朝と関東武士の微妙な関係(後鳥羽2) ほか)
第4章 後醍醐天皇の夢を足利義満が完成した(建武の中興はどこが間違っていたのか(後醍醐)
親鸞と日野富子を出した日野家の女性たち(後村上&北朝) ほか)
第5章 外交と宗教から見た中世日本を総括する(比叡山の僧兵が強かった本当の理由 浄土真宗や日蓮宗は戦国時代になって発展した ほか)