歴史探偵 近代史をゆく

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

歴史探偵 近代史をゆく

  • 著者名:半藤一利
  • 価格 ¥540(本体¥500)
  • PHP研究所(2013/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

亀井勝一郎氏がこんなことを言っている。「歴史にはいりこむということはネ、イデオロギー的にきちッとでき上ったものを扱うことではなく、人間や事件の混沌と翻弄の関係にはいる、ということと同じなんだ。その声を代弁してその魂をよみがえらせるのが、歴史家の使命だと思う」本書が、その言に遠きこと幾里程か、と存じているが、覚悟だけは右のとおりといいたいまでである。(本書「まえがき」より抜粋)良いことも悪いこともしながら、人間がつみ重ねてきた時間の跡である歴史は、底がしれなくて、知れば知るほど面白い。本書では、明治から昭和を賑わせた事件の「その後」や秘話を探索。「山本五十六の恋文の行方」「松岡洋右宛・チャーチルの手紙」「東京初空襲の真相」「ロシア皇太子襲撃事件の顛末」など、大胆な推理と新発見で近代史の裏事情を探り出す。

目次

第1章 遺書と恋文と極秘書簡
第2章 言葉のウラに歴史あり
第3章 戦時期の作家たち
第4章 口が過ぎた人びと
第5章 戦時外交の決断と誤断
第6章 時代と戦う庶民たち
第7章 事件、事件、また事件
第8章 原爆と敗戦下