角川つばさ文庫<br> 怪談 日本のこわい話

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

角川つばさ文庫
怪談 日本のこわい話

  • ISBN:9784046312877

ファイル: /

内容説明

日本のこわい話がいっぱい。まっ白な美女の「雪女」、亡霊に耳をもぎとられた「耳なし芳一」、のっぺらぼうの「ムジナ」、頭と首だけで飛ぶ「ろくろ首」など17話。ぜったいに読んでおきたい名作「怪談」の決定版!【小学中級から ★★】

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぷるぷる

2
読みやすく直された「怪談」。小学1年の息子も怖いのかと思いきや、大したことなかったようで夜読んであげても平気でした。ただ読み聞かせするのはちょっとボリュームありすぎ。もう少し大きくなってから自分で読んで欲しかったです。怖いというよりは悲しい印象のお話が多い。別れや命を扱った教訓めいた感じがするのは日本古来の言い伝えを小泉八雲が文章化したからかと思った。怖いという印象なのは耳なし芳一とムジナくらい。うばざくらと鳥取のふとんの話は泣けてきます。大人としてはキチンと小泉八雲版を読みたくなりました。2014/03/09

river1031

0
耳なし芳一や雪女など有名な話からちょっとせつない話や不思議な話まで。怪談は怖い話と思い込んでいたが、読みやすいし面白い。誰かを恐怖に陥れるというよりは、情や念からくる不思議さが印象に残る。2020/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5865530

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。