鈴木先生外典

個数:1
紙書籍版価格
¥900
  • 電子書籍
  • Reader

鈴木先生外典

  • 著者名:武富健治【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 双葉社(2013/04発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784575943689

ファイル: /

内容説明

2013年1月12日に劇場版が公開される「鈴木先生」。本編は全11巻ですでに完結しているが、「漫画アクション」誌上に4回に渡って掲載された「外典」をまとめたのが本書です。内容は、重要なエピソードを補完するものだったり、作品中で起きた事件を別の視点から描いたものだったり、ファンならば絶対に読み逃せないものばかり!これがなければ鈴木先生は本当の完結とは言えない!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

3939タスタク

7
この作品が今の時代に受け入れられた事が、現在の教育現場が抱えている問題を映し出しているのではないだろうか。 人を教育する事の難しさを改めて考えさせられた。2013/02/15

HARD SEVEN

5
ちょいちょい出て来ては笑いをかっさらってゆく鈴木先生の戦略的立ち回りには爆笑を禁じ得ない。一ページ、一コマのどん欲さ。情熱。読んできてる人への過剰なまでのサービスは健在。買うのを迷っている人の中にはそこを気にしている人もいるはず。ぼくは一ページ目で鼻水吹きました。2013/03/15

歩兵

4
3-Cの同窓会での戸塚の告白と、巻末解説の「あるがままの自分に満足する人」の話が胸に染み入った。自分を高めることができる人間は眩しいけれど、自分を高める方法を知らない人、自分の問題が分からない人というのはいるわけで。それであっけらかんと生きていけるなら、それはそれでいいだろうけど、自分の何かが問題であることはハッキリしているのに、どこが問題なのか分からず自己嫌悪と周囲への不信感ばかり膨らんで葛藤している人間もいる。そんな人間からしたら、この話は胸に痛すぎる。自分のダメさ加減をつきつけられてしまった。2013/01/29

おやおや

3
レンタルコミックで立ち読み。 本編の背景キャラがメインだったり、一年の時や卒業後の話が描かれていた。 で、一番心に残ったのは、映画評論家町山さんの「人生は芝居」って言葉。鈴木先生の言葉からこれ以上の意を読み解くことが出来ないなぁーと思いました。2014/02/12

ミヤマ

3
巻末の解説が良かったです。物語は「選ばれし人々」にスポットライトをあてるけど、世の中は「他の人々と同じであることに安心し、あるがままの自分に満足する人々」で占められている。だからこそ、鈴木先生という媒体装置に感染することで「選ばれし人々」に変化していった生徒たちだけでは、あの学級は描ききれない。それらも全てひっくるめての鈴木先生という現象だったのだと、この外典を読んで感じた。正に外典であった。2013/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5628279
  • ご注意事項