ニューズウィーク日本版ペーパーバックス<br> チェンジはどこへ消えたか - オーラをなくしたオバマの試練

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,047
  • Kinoppy
  • Reader

ニューズウィーク日本版ペーパーバックス
チェンジはどこへ消えたか - オーラをなくしたオバマの試練

  • 著者名:冷泉彰彦
  • 価格 ¥838(本体¥762)
  • CCCメディアハウス(2012/12発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

2012.11.6 米大統領選結果を受けてオバマ2期目はどうなる!?
アメリカはどこへ向かうのか!?
 
共和党ロムニー候補に競り勝ち、再選を決めたバラク・オバマ米大統領。
だが、2008年の「チェンジ」の熱狂はもうどこにもない。
オバマは「チェンジに失敗した」のである。
では、オバマはどうしてそれでも勝ったのだろうか?
ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトで人気のアメリカウォッチャーが、
オバマの1期目を総括し、2013年以降のアメリカを占う。
 
本書は、最新の選挙結果を踏まえて、この「オバマのチェンジ」がどこへ消えたのかを検証し、アメリカ政治の現状に巣食っている問題を明らかにしようとしたものである。(「はじめに」より)

目次

1 2012年、問われた選挙戦
2 空振りに終わった「チェンジ」のメッセージ
3 医療保険改革の政治的プラスマイナス
4 オバマの経済政策、その失敗の本質とは?
5 ウォール街占拠デモという「オバマ離れ」の光景
6 なぜオバマはビンラディンを殺したのか
7 「アラブの春」を巡り、揺れ動いたオバマ
8 オバマ政権の「2期目」はどうなる?