講談社現代新書<br> パーソナリティ障害とは何か

個数:1
紙書籍版価格 ¥924
  • Kinoppy
  • Reader

講談社現代新書
パーソナリティ障害とは何か

  • 著者名:牛島定信【著】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062881807

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「見捨てられ不安」を抱く境界性、尊大さの背後に別の人間像を隠し持つ自己愛性、「恥の心理」を抱える回避性……。精神科臨床の最前線に立つ著者が、豊富な症例をもとに、現代の病ともいえるパーソナリティ障害の心理構造から周囲の接し方まで丁寧に紹介する一冊。(講談社現代新書)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

もちもちかめ

26
新書なのにかなりちゃんと勉強になり、参考文献もハッキリしてる。パーソナリティ障害って、いろんな性格あるけど、それぞれに行き過ぎると障害、つまり本人にも周りの人間にも害になる行動(症状)を起こすことがあり、それは問題だからなおしたいよね、って感じ。そういう初歩から知らなかったので、読む本は選ばないといけないなと思います2019/05/06

Mik.Vicky

15
パーソナリティ(個性)とパーソナリティ障害の境目がやはり素人判断じゃ難しいということがよくわかった。本の対象が多分、素人ではなく専門家になりたてとかなろうという人だと思われ、素人の私には少し難易度が高いところがあった。2020/07/20

eirianda

14
スキゾイド、サイクロイド、妄想性、反社会性、境界性、自己愛性、回避性、強迫性、演技性。いろいろ分類してもいくつかのタイプを混在してこじらせてる人格障害。その時々の社会の流れによりその分類も変化していく。家庭環境だけでなく、人生の節目でこじらせる人もいる。わかる気がする。おばさんですから。思い通りに行く時も行かない時もある。うまくいかない時にどう対処するか、自分の心をどう処理するか。まあここで完璧を求めると余計にダメな気もするし。人格障害に隠れた本当の人格なんて、あるのだろうか?2016/05/25

コジターレ

12
精神科医の重鎮である牛島先生の本。著者はなるべく分かりやすく書こうと努力している様子が窺えるが、非専門家にとっては難解だと思う。パーソナリティ障害のアセスメントの面白さと難しさを改めて考える機会となった。2017/06/09

チワ

11
「〈空っぽさ〉というのは、本当の自分の姿を心の奥深く隠してしまっていることに由来する感覚である。」この一文が心に鮮烈に刺さった。空虚感のことだと思うけど、その穴には何もないんじゃなくて本当の自分が奥に隠れてるから、それを見つけてあげられればいいね。でもそこに続くフロイトの説はちょっとあんまり好きじゃない。2020/07/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5554336

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。