ノーベル平和賞で世の中がわかる

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader

ノーベル平和賞で世の中がわかる

  • 著者名:池上彰【著】
  • 価格 ¥1,300(本体¥1,204)
  • マガジンハウス(2015/01発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

毎年、秋になると、
「今年のノーベル平和賞は誰だろう?」と話題になります。
誰もが「受賞して当然」と考える人物が選ばれることもあれば、
多くの人が首を傾げる選考結果もあります。
ただ、この111年の歴史を見ると、
地上から戦争や紛争、貧困、疾病をなくそうと
闘ってきた人々の努力が見えてきます。
ノーベル平和賞の歴史は、
20世紀から21世紀にかけての現代史そのものであり、
平和に向けての努力を重ねた人々の熱いドラマでもあります。

本書では、
第1回受賞者の「赤十字の父」アンリ・デュナンから始まる111年の歴史を5つに区分し、
現代から過去にさかのぼる形にまとめています。
ノーベル平和賞受賞者についての事典として利用することもできますし、
以下のようなミステリアスな事実を知る楽しさもあります!
●インドのガンジーが5回もノミネートされながら受賞には至らなかったのは、なぜ?
●<北ベトナム>のレ・ドゥク・トが受賞を辞退した(唯一の辞退者)のは、どうして?
●あのナチス・ドイツのヒトラーが平和賞に推薦されていたって、ホント?
●他の賞はスウェーデン王立アカデミーが選考するのに、なぜ平和賞だけノルウェー?
●佐藤栄作元首相より前に平和賞の候補になった日本人がいた?
●高額な賞金がその後の受賞者(団体)の活動に支障を来す原因になったこともある?
●アメリカのオバマ大統領はまだ大した実績もなかったのに、なんで受賞したの?
●「5億ドルでノーベル平和賞を買った」と批判されているのは誰?
ほか。