もう一人の「三菱」創業者、岩崎弥之助 企業の真価は二代目で決まる!

個数:1
紙書籍版価格 ¥788
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

もう一人の「三菱」創業者、岩崎弥之助 企業の真価は二代目で決まる!

  • 著者名:河合敦【著】
  • 価格 ¥756(本体¥700)
  • 特価 ¥378(本体¥350)
  • SBクリエイティブ(2015/05発売)
  • ポイント 3pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

創業者である岩崎弥太郎の後を継ぎ、三菱の二代目社長となった岩崎弥之助。危機にあった三菱を救い、財閥として多角経営を成功させるなど、三菱の礎を築いたのは、実は弥太郎ではなく二代目の弥之助だった。本書では岩崎弥之助の生涯を読み解く!

目次

第1章 この二代目なくして三菱なし、岩崎弥之助(弥之助、誕生 兄・弥太郎と違い温和な性格 母の教え 弟の教育に熱心だった弥太郎 弥之助、アメリカに留学す 後藤象二郎の娘と婚約 兄からの手紙 弥之助の帰国)
第2章 兄・弥太郎との二人三脚で経験した天国と地獄(台湾出兵によって三菱飛翔す 兄から叩き込まれた金銭哲学 政商・三菱への道 高島炭鉱の購入 伊藤博文の策謀 岩崎弥之助の意見書 共同運輸との死闘 岩崎弥太郎の死 共同運輸との和解、そして再戦 極秘のトップ会談 国家のため汽船会社を廃業す)
第3章 寡占から多角へ―巨大財閥への道(弥之助、三菱を再興す 社長独裁を継承 鉱山事業へシフト 弥之助を支えた人材(1)―川田小一郎
弥之助を支えた人材(2)―荘田平五郎
弥之助を支えた人材(3)―豊川良平
嬉しい誤算だった高島炭鉱と造船所の経営
長崎造船所の経営
日本郵船は再び三菱の手に
丸の内を購入して計画した大事業とは?
日本初のビジネス街をつくり上げる
丸の内の今と昔
グループの中核となる銀行業をスタート
倉庫業の将来性に着目
小岩井農場も弥之助にはじまる)
第4章 「紳士の標本」と称された弥之助の人柄(経営者としての弥之助 紳士の標本 弥之助、三菱を禅譲す 政界で活躍する弥之助 スパルタ教育をおこなった温厚な弥之助 一族思いの人柄 弥之助の親孝行と先祖への崇敬 英国紳士の気質を日本に 富める者の責任 岩崎弥之助。壮絶な最期を遂げる 弥之助が支えた久弥と三菱の発展 弥之助の子・小弥太の最期)