検証財務省の近現代史 - 政治との闘い150年を読む

個数:1
紙書籍版価格 ¥885
  • Kinoppy
  • Reader

検証財務省の近現代史 - 政治との闘い150年を読む

  • 著者名:倉山満
  • 価格 ¥616(本体¥571)
  • 光文社(2012/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

現在、日本を覆う「増税の空気」はいかにして形成されたのだろうか? 財務省は、前身の大蔵省以来、「戦後最強の官庁」として日本に君臨してきた。しかし、大蔵省ほど絶大な権力を持ちながらもこれまであまり注目されてこなかった組織はない。気鋭の憲政史家が大蔵省・財務省の歴史にメスを入れ、百五十年の伝統を検証しながら、知られざる政治との関係を描き出し、日本再生への道を綴った本邦初となる意欲作。

目次

第1章 大蔵省の誕生―財政の専門家とキャリア官僚制の起源(1873‐1923)<br/>第2章 日本の最強官庁へ―守護神・井上準之助の登場(1924‐1931)<br/>第3章 パンドラの箱―大蔵省史観の「異物」(1932‐1945)<br/>第4章 占領と復興―知力を尽くした戦いの歴史(1945‐1955)<br/>第5章 復興から高度経済成長へ―池田勇人のグランドデサイン(1955‐1965)<br/>第6章 三角大福、赤字国債、消費税―「無敵」大蔵省に忍び寄る悪夢(1965‐1982)<br/>第7章 失われた十年―政治家に振り回される大蔵省(1982‐1996)<br/>第8章 平成と未来の日本―財務省は「伝統」に目覚めるか(1997‐2011)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件