小学館101新書<br> これが結論!日本人と原発(小学館101新書)

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader

小学館101新書
これが結論!日本人と原発(小学館101新書)

  • 著者名:竹田恒泰【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 小学館(2012/04発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

この1冊で日本の電力問題は決着を見る!

東日本大震災そして原発事故から1年。放射線に汚染された国土は一向に回復の目処が立たない。それどころか汚染は蓄積され、今後百年以上福島第1原発周辺に人は住めないだろう。万が一同様の事故が起きたら、日本は消滅するかもしれない。にもかかわらず、なし崩しに原発再稼働に向けた動きが顕在化している。竹田氏は原発推進派が今も上げるその根拠を徹底検証する。そして原発がいかに日本に合わないか、さらには不必要であるかを明らかにし、原発の10分の1で同出力が得られるガス・コンバインドサイクル発電による代替を提唱する。明治天皇の玄孫である著者が「日本人の感性」や「日本人論」から原発問題の核心に迫った目からウロコの脱原発論。この1冊で日本の電力問題は決着を見る!

目次

序章 結局、原発をどうしたらよいのか
第1章 原発に保守もサヨクもない
第2章 1年ではっきり分かったフクシマの実情
第3章 原発推進派の5つの嘘
第4章 低線量放射線の人体への影響
第5章 原発が日本にふさわしくない3つの理由
終章 これで原発問題は決着!