原発アウトロー青春白書 - 福島第一原発で体を張る若者たちの真実

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

原発アウトロー青春白書 - 福島第一原発で体を張る若者たちの真実

  • 著者名:久田将義
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • ミリオン出版/大洋図書(2014/11発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 210pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784813021766

ファイル: /

内容説明

この本よって初めて明かされる福島第一第二原発で働く作業員たちの真実。
今まで作業員たちのインタビューは3.11以降、集められた人たちが主だった。
しかし、今回初めて3.11以前からあの、「3月11日、午後2時46分」に第一原発にいて、
今でも「現役で」原発にいる若き作業員たちの本音を掲載する。
彼らは原発の町で生まれた被災者でもある。
 自分たちの町が住めなくなるかも知れない中、尋常ではない放射線を浴びながら、「収束宣言」が行われてからも、
今も夏はタイベックで熱中症と放射線の恐怖と闘いながら、冬は極寒と闘いながら福島原発で復旧作業を続けている。
 3月11日、午後2時46分。
「そん時、俺はタービン建屋の地下にいたんです。辺りは真っ暗で誰も声が出なかった。そして昔パニック映画を思い出しました。
ああ、俺、あんな風に死ぬののかなって」(20代作業員)
「今、俺たちがやってる作業で原発良くなんの?福島良くなんの?地元帰れるの? んな事思わねえべ?」(20代作業員)
「俺は今20(ミリシーベルト)食ってるかな。(人体に影響)絶対あるよ、マイクロシーベルトであんなに騒いでいるんすから、東京では。
マイクロシーベルトじゃねえぞって。ミリシーベルトだぞって(笑)」(20代作業員)

世界で最も酷い原発事故の最前線で働く作業員たちが初めて語った本音の数々。読者の皆さんはこれをどう受け止めるだろうか。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

今庄和恵@神戸元町コネクトロン

6
原発の街で生まれ育つことを自ら選んだわけでもない人たちが原発の後始末をせざるを得ないという過酷な状況。読んでただひたすら暗くなった。体をはって尻拭いをしてくれている若者たちになんら明るい未来を提示できないのだから。2012/11/28

anken99

4
あのとき、あれだけ騒いだ原発の問題もいまや随分と忘れ去られつつある。自分も含めてだ。そんなとき、2012年刊行のこの本が、あらためて危機感を思い出させてくれた。本書は、震災前から原発で働き続ける3人の若者たちね生の声が綴られる。もちろんニュースにはでてこないリアルな声だ。こういう人たちが、危機を回避すべく、危険を顧みず日々戦っている。尊敬の念を覚える。いろいろな声の中で印象に残ったのが、震災直後の原発の状況。なんと一万人も働いており、その人たちが一斉に殺気立って逃げたという。俺たちに知る権利はある。2013/12/14

ふぇるけん

4
震災後の福島第一原発で作業にあたる若者たちのインタビュー記録である。正直なところ彼らは決して正義感にあふれたヒーローとはほど遠いのだが、彼らのような若者に支えられて今の自分たちの便利な生活が成り立っている。そんな彼らが福島が除染して元通りになるなんてことはありえないと叫ぶが、そういった声は普通の人には届かず、政府の収束宣言などによって押さえ込まれている。東電や政府を責めるだけでなく、見たくない現実でも直視して、自分のできる責任は果たさなければ、と痛感させられた。2012/03/16

jack

3
「無垢な若者が、古老の身勝手さによって、人生を犠牲にして国民を救おうとしている。」 ☆ 5.02013/11/14

福島雄一

3
うん2013/02/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4564288

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。